« EH10の小加工 | トップページ | 急行まつしま・ばんだい »

ジオタウン

手軽に情景を楽しむアイテムとして、ジオタウンがあります。
ジオラマのタウンを縮めてジオタウン。
商品は、道路と建物敷地が一体となった地盤、建物類、信号・ガードレールといった小物類からなります。

DSC00801我が家には小さな子供がおりますので、小物類はつけておりませんが、遠景から見る限り、それらしい町並みが再現されます。ビルディングと空き地の共存そして区画整理された街路を見ると、関東では京葉線沿線の風景が思い浮かびます。本当は細くて曲がりくねった駅前通のような風景がいいのですが、規格品にそれを求めるのは無理ですね。
とりあえず、木造の2階建て商家が製品化されることになっているので、田舎の小さな駅の情景を手軽に楽しめるようになって欲しいと願っています。


DSC00806DSC00805DSC00808DSC00807

一昨年あたりから、バス、街並み、自動車の1/150モデルが次々と生産されるようになりました。
しかも、細かい塗装までしっかりなされているので、街並みにおくだけで実感味が出てくるのはうれしいものです。
あとは、人形ですね。人が一人も見えないので街としての活気がありません。しかし、人形は建物類の小物と同じで、子供が大きくなるまではおあずけです。「話題の広がる鉄道模型」にとって人形は不可欠なアイテムなのですが、いたしかたありません。


DSC00811自分としては京葉線のイメージなのですが、関東の電車は編成が長くて、小さな情景にはマッチしません。255系で9連、普通電車は10連、武蔵野線からの直通が8連。どの列車もホームからはみ出してしまいます。
5~6両でフル編成となる地方の列車は、模型によくマッチしていいですね。
北海道の721系と781系を置いてみましたが、ソニックやかもめもマッチすると思います。
仙台のグリーンライナー各種もいいですね。


DSC00800721系の横を特急が通過していきます。こんな情景には、親子連れの人形がぴったりです。目をかがやかして特急を見送る子供に親が列車名と行き先を教えている、そんな場面が思い浮かびました。

|

« EH10の小加工 | トップページ | 急行まつしま・ばんだい »

200 レイアウト・モジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/3927953

この記事へのトラックバック一覧です: ジオタウン:

« EH10の小加工 | トップページ | 急行まつしま・ばんだい »