« 急行まつしま・ばんだい2 | トップページ | E231系東海道線仕様 »

急行なすの・日光

急行まつしま・ばんだいに続く東北急行は、なすの・日光です。

Dsc00925
さしあたり、中間に入る7両について、屋上機器の塗装をしました。
急行なすの・日光は新前橋電車区の165系により運用されていました。新前橋区の運用には横軽を通過する列車もありました。このため、編成ごと方向転換して、通常、宇都宮・高崎寄りとなるクモハが上野寄りになっています。この関係で貫通ホロはクハにつきます。
編成の方向転換は、横軽の廃止された現在も、同区の185系に引き継がれています。

Dsc00926
KATOの165系は、457系に遅れること約2ヶ月、1981年の7月ころ発売となりました。11月には485系も発売されていますので、1981年は東北・上信越ファンであった私にとって非常に充実した年になりました。1970年代は半年に1回新製品がでるかどうかというペースだったと思います。ところが、70年代後半にTOMIXが参入し、新製品発売が加速しました。私の車籍簿をみますと、1981年にはこのほかにKATOの24系25形とかTOMIXの113系などを購入しています。それまでの感覚からすれば新製品ラッシュでしたね。現在ほどではないですけれども。

Dsc00927
新前橋区の車両はパンタや回送運転台のライトも含めてねずみ色1号で塗装されていました。また、サロの回送運転台の妻面は緑2号1色で、みかん色はまわりこんでいません。新潟運転所の佐渡用サロはみかん色が妻面にもまわっており、イメージが違いました。

Dsc00929
1980年代の新前橋165系として揃えたこの編成にはシールドビーム車が2両あります。しかし、1970年代の新前橋区165系にはシールドビーム車はありませんでした。松本運転所のアルプス用165系は早いうちにシールドビーム化されましたが、新前橋区でのシールドビーム化は一部の例外(クモハ165-34)を除き、JR化後、いわゆる鉄仮面の前面補強工事がなされたあとでした。

一連のディテールアップはTOMIXのクロ編成と並べるためですので、シールドビーム車は場違いです。
なんとかしなくては。


5/28追記
Dsc00938
シールドビーム車は、アルプス編成に転属させ、アルプス編成からライトの点灯しない先頭車をこちらにもって来ました。
国鉄時代、昼間はヘッドライトを点灯させてませんでしたので、ライトが点かない車両の方が好都合です。
そのかわり、ヘッドライトレンズをTAVASAの022番に交換しました。
実物は、レンズを通して反射板が直接見えるため、ヘッドライトが銀色に見えるのに対し、模型では非点灯時は真っ黒になってしまいます。これが実感的でなく、なんとかしたいと思っていました。
レンズ以外を銀色に塗ってみたものの、実物のピカピカした感じは出ないようです。


Dsc00935
残りの7両も屋上機器の塗装をし、ホロをとりつけました。
行き先サボは、中央に列車種別列車名が赤、指定席とか自由席の表示が緑か青で書かれたものを再現したいと思います。
とりあえず、号車札と行き先サボの部分だけでも白く塗っておきたいとおもいます。


|

« 急行まつしま・ばんだい2 | トップページ | E231系東海道線仕様 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

私も、急行型電車が大好きで457系電車の編成を集めています。急行ときわ、まつしま、ざおう、ばんだいなど上野発の急行の編成を集めています。今度は、北陸、九州方面の急行電車を集めるつもりです。KATOの457系が品薄で困っています。

投稿: 急行大好き | 2008年11月22日 (土) 午後 06時02分

急行大好きさん、こんにちは

KATOの457系はここしばらく生産してませんね。
北陸・九州方面なら、すそにラインの入ったセット狙いですね。

投稿: e231green | 2008年11月27日 (木) 午前 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/4302224

この記事へのトラックバック一覧です: 急行なすの・日光:

« 急行まつしま・ばんだい2 | トップページ | E231系東海道線仕様 »