« キハ55系その他 | トップページ | 特急はつかり・ひばり2 »

コキ5500

コキ5500の手すりを改造します。

DSCS00990KATOのコキ5500は、コキフ10000の流用のため、手すり部分が板張りの上、テールライトまで付いています。
その反面、ブレーキハンドルがありません。
これが不満で手すりを真鍮線で作り直したこともありましたが、ブレーキハンドルまでは手がまわらずにいました。


DSCS00991ところが昨年チキ5500が発売となり、手すり部分も再現されました。
ホビーセンターに手すり部分のアッシーパーツが出ておりましたので、早速買ってきました。
1個あたり42円ですので、手軽な改造パーツだと思います。
軟質プラで、塗装が難しそうですが、うまく青15号に塗れれば、コキ10000にも使えそうです。


DSCS00994車体を分解して、もとの手すり部分をカッターで切り落とします。
車体の上面にある手すりの補強も、同様に切り落とします。
できれば、台枠上面を赤3号で塗りたいところですが、わずかな面積ですのでそのままでも目立ちません。


DSCS00995手すり部分は、長い足がついていて、これをチキ5500の台枠に差し込むようになっているようです。
ところが、コキ5500は台枠が広めに作られているようで、穴あけるとすれば板厚の薄い部分になってしまいます。

DSCS01000そこで、取り付けようの足を落として接着することにしました。
また、一体にモールドされているステップは、コキ5500のものとはタイプが異なりますので、これも落としてしまいます。

Dscs00999非常に感じがよくなりました。
わずか10分の軽工作ですが、効果抜群です。
余力があれば、車体上面に薄いプラバンを貼って、4個積みにするのもよろしいかと。

私の場合、コキ50000に載せると固定つめを破壊してしまうプラッツのコンテナが余ってますので、接着して取り付けたいと思います。

|

« キハ55系その他 | トップページ | 特急はつかり・ひばり2 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/4357357

この記事へのトラックバック一覧です: コキ5500:

« キハ55系その他 | トップページ | 特急はつかり・ひばり2 »