« クロ481のパーツ取付 | トップページ | 483系 »

クハ481のパーツ取付

昨日のクロに引き続き、クハのパーツを取り付けます。

仙台所属のクハのタイフォン位置は、クロと同じく1973年以前がスカート、それ以後が腰板部です。

タイフォンの形は、
19~21:回転式、
22~24:不明
    25:回転式
    26:回転式但し上下逆
27~29:回転式
   30:中折式
でした。

DSC01396DSC01397今回は最も一般的な回転式としましたが、26の上下逆のタイプは面白そうです。
 
1973年以前の姿にする場合、クハは、6両セットのクハのスカートにクロセットのパーツを取り付けるとして、
クロは腰板の穴を埋めねばなりません。
しかし、このようにみるとパーツの合い具合は良いようですので、
パーツを取り付けた上でタイフォンのモールドを削ればなんとかなりそうです。
その場合は、スリットだけの丸いパーツが良さそうです。

また、サロ改造の50番台クロも、ベンチレータの位置を変えるだけでOKです。
ベンチレータは、屋根とは別パーツですので、難しいことはなさそうです。

|

« クロ481のパーツ取付 | トップページ | 483系 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/4789207

この記事へのトラックバック一覧です: クハ481のパーツ取付:

» えびちゃん電車でGO! [帰ってきた「鉄道模型レイアウト製作日記」]
山手線E231系500番台「えびちゃん電車」がやってきた。 いやあ、えびちゃんはカワイイな〜。こんなかわいい子が、社長の副業先にいる、あの熟女子や、お天気おねえさんなんかとおんなじ種類の生き物なんですね。 なんか不思議な感じだ〜。 で、これは何を売.... [続きを読む]

受信: 2005年7月 2日 (土) 午前 12時34分

« クロ481のパーツ取付 | トップページ | 483系 »