« タムタム大宮・トラックコレクション | トップページ | ヒガハス12 »

ヒガハス11

草ぼうぼうの線路際で、堤防などの形状もいまひとつわからない状態であったのですが幸運なことに、草刈工事が行われました。
これまで近寄れなかった橋梁のそばまで行って観察してまいりました。

Dsc01416
Dsc01583草に覆われていた、大宮よりの堤防が明らかに。
コンクリート製の橋台の横は石組みの護岸となっていました。
橋台のたもとまで流れがあるのかと思ったら、土砂が結構堆積してますね。

春に気をつけてみたことは無かったのですが、草刈した状態が春の状況に近いのでしょう。

Dsc01591大宮よりの堤防です。
草刈前は、堤防一面、腰の高さまで雑草におおわれ、入っていく勇気がありませんでした。
へびとかが、たくさんいますしね。

ところが、草刈のおかげで難なく入っていくことができます。
堤防の形もあらわに。
 
Dsc01593宇都宮よりの橋台。
橋脚は、下り線用のみがレンガ製で、上り線はコンクリートでしたので、下り線は開業当時の橋脚が残っているのかとも思っておりましたら・・・・・宇都宮寄りの橋台は、上り下りともレンガ製ですね。
おまけに、手前の護岸はコンクリートで固めていますし・・・・
どうして、こういう構成なのか・・・謎は深まるばかり。

Dsc01454_1
Dsc01598下蓮田踏切付近も除草されています。
隠れていたガードレールがあらわれました。
模型化するなら、除草された状態でないとつまりませんね。
せっかく、器具箱とか設置しても、草に覆われて何も見えないのでは、何にもなりませんから。

続く

|

« タムタム大宮・トラックコレクション | トップページ | ヒガハス12 »

210 ヒガハス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/5233394

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガハス11:

« タムタム大宮・トラックコレクション | トップページ | ヒガハス12 »