« ヒガハス6 | トップページ | ヒガハス8 »

ヒガハス7

見沼代用水にかかる木橋は、GMの「橋と小舟セット」に入っている橋(中)を使います。

Dsc01524どのくらい加工が必要かと思い、仮組みしてセットしてみたらどんぴしゃり。
長さも幅もばっちりでした。
こういうふうにうまくいくと、元気がでてきます。
  
Dsc01525私の覚えている木橋の印象は欄干が恐ろしく低い。
荷車を押しているときに、脱輪しなければOK程度の高さしかありませんでした。

そこで、キットの欄干を一段目でカットします。
太いプラ製品の切断には彫刻等彫刻刀が重宝します。
切断する部分に当てて、力を加えると、一発でカットできるし切断面もきれい。
カッターではこうはいきません。

ところで、こういう橋。
昭和50年代まではどこでも見られましたけど、最近どこにもありませんね。

続く

|

« ヒガハス6 | トップページ | ヒガハス8 »

210 ヒガハス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/4946076

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガハス7:

« ヒガハス6 | トップページ | ヒガハス8 »