« ヒガハス20 | トップページ | 解結貨 »

209系500番台

TOMIXから、209系500番台が発売となりました。

DSC01743(クリックすると拡大します。)
基本セット、増結セットおよびサハ209単品3両という商品構成で、10連を組みます。
  
 
 

DSC01740基本セットの4両。
クハ209-モハ209-モハ208-クハ208
 
 

DSC01741増結セットの3両。
サハ209-モハ209-モハ208
 
 
 
DSC01742単品サハ209
 
 
 
塗装もプロモーションも良い出来栄えです。
走行も問題ありません。
TOMIX製品ではいつも感心しますが、窓の車体からの引っ込み具合が実車の感じを良く出してると思います。
カプラーは、アーノルトですが、連結間隔が狭まるように調整してあり、TNに変える必要を感じません。

インレタは、車体番号、号車番号、車椅子表示など、かなり細かいものを貼り付けることになりますが、扱いやすいインレタでしたので、あまりストレスを感じることなく、10両分を貼り終えることが出来ました。

KATOのE217系も新規金型の採用でしたが、こちらも細かな点を金型を代えて表現しています。
DSC01744言われなければ絶対気づかない違いだと思いますが、右が増結セットのサハ、左が単品のサハで、妻面にある何らかの部品のモールドが幌の右側か左側かという違いを表現しています。
個人的にはここまでしなくても良いと思いますが。
 

DSC01746むしろ、前面に力を入れたほうが良かったのではないかと思います。
209系0番台では、プラパーツに印刷されていた行先表示ですが、500番台では、シールになっています。
また、スカートの取付部分は黒く塗ってあるとよろしいかと思います。


それから、今回のセットでは、基本セットも増結セットも通常のセットケース入りです。
10両編成のためにケース二つは無駄な気もします。
私は、ウインの10両用ウレタンで1つにまとめてしまおうと思いますが、効率的な保管方法も考慮願いたい点であります。


|

« ヒガハス20 | トップページ | 解結貨 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/5519893

この記事へのトラックバック一覧です: 209系500番台:

« ヒガハス20 | トップページ | 解結貨 »