« 485系雷鳥 | トップページ | 72系 京浜東北線1 »

EH500 3次形

雷鳥といっしょに、EH500 3次形が発売になりました。

先行発売のEH500と比べると、精密感が増しています。

DSC02043左から、EH500 3次形、EH500(KATO)、EH500(TOMIX)です。
交流機といえば赤2号でしたから、3次形の明るい赤は、なんとなく違和感があります。
やはり、1、2次形のほうがしっくりします。
 
 DSC02042最近のKATO電機と同様に、手すりや開放テコがつきました。
また、カプラーはナックルカプラーにしてみました。
ガイシを白く塗り、パンタシューの先端を赤に塗っています。
細密感が、ぐっと増しました。

ナンバープレートは、18,22,27,30が付属しています。

ライト周りの白い部分は、 2次形の別パーツに対して、3次形では塗装になりました。
少し、下の赤が透けて見えるようです。

3次形は、ヘッドマークステーがモールドされています。
ヒガハス4でも書きましたが、どんなヘッドマークがつくのでしょうか。

DSC02046一方、メーカーズプレートは、別パーツから印刷になりました。
下回りに変更は無いようです。

続く

|

« 485系雷鳥 | トップページ | 72系 京浜東北線1 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/6309981

この記事へのトラックバック一覧です: EH500 3次形:

« 485系雷鳥 | トップページ | 72系 京浜東北線1 »