« ヒガハス21 | トップページ | 65PF旧動力に最新版のボディをかぶせる »

EH500 3次形の走行不良

先日購入したKATOのEH500 3次形。
走行が安定しない。ところどころでスピードが落ちる。
低速走行の場合は、停止してしまう。
ライトもちらつく。

2次形は全く問題なかったのになぜ?

2次形との違いは、LEDが白色から電球色になったこと。
LEDの問題だろうか。
そう思って、ボディを外し、2次形のライトユニットと3次形のライトユニットを比較してみる。

3次形のユニットには、LEDのすぐ後ろに四角いチップが付いてる(動力側のみ)
それから、ユニットの裏についてる四角いチップの番号がちがう。

これが原因?
試しに、2次形のライトユニットを3次形に付けて走らせてみた。
まことに快調。よく動く。ライトのちらつきもない。
チップが良くないのかと思い、今度はライトユニットなしで走らせて見た。

結果は、本来のライトユニットつけて走らせた場合と同じ。
やはり、ところどころで停まる。
これはチップとかの問題ではないね。

ところどころで停まると思っていたら、ランダムに停まるのでなく、特定の場所で停止していることに気づいた。
しかも、LEDは完全消灯状態。
停まる場所は、線路のつなぎ目で、若干の段差が生じているようなところ。

LED完全消灯ということは、接触不良で通電してないということか。
台車から出ている集電板と車体側の集電板の接触具合の不良?

そう思って台車の首振りの具合をみるとかなり渋い。
何かに引っかかってる感じ。
台車を外してみた。

なんじゃこりゃ。ダイカストブロックが鮫肌のよう。バリも残ってるようだし。
軽くやすりをあてて、バリや盛り上がっている部分を平らにしてあげた。

組み上げて走らせて見る。
問題解消。
どうやら、線路のつなぎ目で台車が前後左右に動くときに、バリとかに台車がひっかかって集電不良を起こしていたようです。

停止することなく走るようになりました。

2次形のライトユニットだとスムーズに走った理由はなぞではあるが、
とにもかくにも、めでたし、めでたし。


追伸 前回、下回りに変更は無いようだと書きましたが、
モーターが低速モーターになり、車体間のジョイント受けの形が変更になってました。

|

« ヒガハス21 | トップページ | 65PF旧動力に最新版のボディをかぶせる »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
私も一昨日購入しました。
うちもEH500としては2両目なのですが
先にネットオークションで購入したEH500
(KATO 2次型)の調子が悪く
(まさにこの3次型と同じ現象)
3次型入線とともに玉突きでホビセンKATOへ
入院させようと思っています。
当方先ごろ「N復活」したばかりで
まだまだ車輌も揃っていないのですが
電機を中心に買いあさって行きたいと
思っています。(そういう意味では
TomixEF510のリリースが今から
楽しみではありますが.....)
今後も「新製品」情報楽しみにしています。
では。

投稿: シロメジナ | 2005年10月13日 (木) 午後 10時42分

シロメジナさん、こんにちは。

2次形でも、同じ症状があったのですね。
KATOの電機で走行不良などというのは、それこそ品番302のEF65、最も初期のものですが、それ以来なかったので、驚きました。

ホビセンから帰ってきたときに、原因を教えてもらえたら、また書込みしてくださいな。

EF510は、楽しみですね。
実車が北陸筋の運用で、また見たことがないので、マイクロ発売の際も静観していられましたが、TOMIXが出したら購入しそうです。

ところで、田端のEF81は、東日本所属ですので、EF510にはならないのかなあ。

投稿: E231GREEN | 2005年10月15日 (土) 午前 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/6366017

この記事へのトラックバック一覧です: EH500 3次形の走行不良:

« ヒガハス21 | トップページ | 65PF旧動力に最新版のボディをかぶせる »