« 自動運転ユニット2 | トップページ | EH500 3次形 »

485系雷鳥

KATOから485系雷鳥が発売となりました。

TOMIX製品と並べてみます。

DSC02036DSC02038KATOは100番台、TOMIXは0番台の模型化です。
前から見ると、ヘッドライトの大きさが違います。
100番台はシールドビーム、0番台は普通の白熱灯。
模型でも大きさの違いがわかります。

ヘッドマークは、KATOの方が実感的。
キハ82のように、いろいろなヘッドマークを別売してくれるとありがたい。
基本セットには、しらさぎ、北越、ひばり、ひたちがパーツとして付属してます。
しらさぎ、北越はわかりますが、6M6Tで号車番号が印刷されてる編成で
ひばり、ひたちは???ですね。
はと、つばめなどの方がよかったのではないでしょうか。

--------------------------------------------------------------
追記
6M6Tは、大ムコのS50~S60の編成でした。
S50以降ですので、はと、つばめはすでに廃止。
号車番号が印刷されてなければ、サハを抜いて「つばめ」などの編成にもなるんですが・・・・
したがって、はと・つばめのヘッドマークもこの製品にどんぴしゃというわけではありませんでした。
---------------------------------------------------------------

なお、KATOのヘッドマークをTOMIX製に試みてみましたが、ヘッドマークが小さくて、そのままでは使えませんでした。
非常に実感的ですので、TOMIXに使えるよう加工してみたいものです。


DSC02033DSC02037車体側面やパンタ周りは、甲乙つけがたい仕上がりです。

KATO製には、側面の行き先表示シールも付属してます。


感想としては、出来は同等かKATOが少し上。
値段は圧倒的に、KATO
というところでしょうか。


|

« 自動運転ユニット2 | トップページ | EH500 3次形 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話様でございます〜。m(__)m
出ましたねー、KATO485系。(^^)
ようやっと、当局でもインプレッションページ作りましたよ。
でもこちらのページは、僕はTOMIX製485は旧製品の初期型が無いので、比較において、凄く参考になりました。
KATO社にはこの調子で、クロ481だの、489系白山とか企画してくれると良いなぁと思います。

投稿: SEKKI | 2005年10月 9日 (日) 午前 04時53分

こんにちは。
たった今、SEKKIさんのホームページを拝見してまいりました。大きな画像がたくさんあって、良い製品であることがよくわかりますね。
トイレが流し管でなく、タンクであることを始めて知りました(大汗)。

このTOMIX車は旧製品でなくて、HG製品です。
比較対象としては、旧製品であるべきでしたね。でも、それでは最初から勝負はついているかと・・・・
まあ、0番台HG製品を、旧製品と錯覚するほど、KATO製がすばらしい、ということでしょうか。

投稿: E231GREEN | 2005年10月 9日 (日) 午前 06時52分

こんにちは。(^^)
>旧製品の初期型が無いので(×)
>旧製品の初期型も無いので(○)
助詞の使い方、間違えてしまいました。失礼しました。
どうみてもHGですね。(^^;
今日も、取り出してはしげしげと眺めては、ほくそ笑む、ダメ人間っぷりです。(笑)

投稿: SEKKI | 2005年10月 9日 (日) 午後 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/6298207

この記事へのトラックバック一覧です: 485系雷鳥:

« 自動運転ユニット2 | トップページ | EH500 3次形 »