« EF53 | トップページ | EF59 24 »

DD51後期暖地形

DSC02304耐寒形に引き続き、暖地形が発売となりました。
 
 
 
 

DSC02305DSC02306耐寒形との違いは、旋回窓とワイパー、ホイッスルカバーとホイッスルくらいのようです。

そもそも耐寒形と暖地形の違いは何なのでしょう?
 
鉄ピクの2004年12月号によりますと

積雪2.0m以上の地域と北海道に配属されるA寒地仕様
積雪1.3m以上の地域に配属されるB寒地仕様
それ以外の一般形

に分けられるのだそうで、それぞれの目に見える違いは次のごとくだそうです。

前面窓       A寒地=旋回窓  B寒地=デフロスタ+ワイパー 一般=ワイパー
ホイッスルカバー A寒地、B寒地=あり   一般=なし
スノープロウ    形態にかかわらずあり  ただし、一般では取り外すこともある。

この区分からすると、
製品の後期耐寒形はA寒地仕様、後期暖地形は一般形ということになります。

ちなみに配属される地域をあげると、

A寒地=北海道、盛岡以北の東北線、羽越線、奥羽線、高山線、磐越西線
B寒地=中央線、篠ノ井線、播但線、山陰線、伯備線、福知山線、磐越東線

となり、今回発売された1052号機以降(各製品が1052号機以降の車体であることについてはこちら)の、A寒地、B寒地、一般のナンバーをあげると、

A寒地=1052~1069,1072~1103,1135~1169
B寒地=1104~1131,1133,1134,1170~1193
一 般=1070,1071,1132

となります。
一般形=暖地形は、3両しかなかったんですね。

・・・って暖地形製品にセットされているナンバーは、1176,1177,1183,1192なんですけど・・・

これ全部B寒地仕様の機関車。本来ならデフロスタと汽笛カバーがあるはず。

これってエラーの部類に属する事柄???。

まあ、その後の転属によりデフロスターと汽笛カバーが外されたのかもしれませんが・・・
ASSYが出たら、キャブ屋根の部分が引っ張りだこになるのでしょうか。

続く

|

« EF53 | トップページ | EF59 24 »

500 実車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/7234937

この記事へのトラックバック一覧です: DD51後期暖地形:

« EF53 | トップページ | EF59 24 »