« フォルマー7712-2 | トップページ | フォルマー7731-1 »

フォルマー7712-3

完成しました。
DSC02709DSC02710DSC02711DSC02712
 
 
 
 
 
 
 
 
プラモデルの経験は必要とするものの、「切る、貼る」がこなせれば、一応見映えのするものができるドイツ製キット。
フォルマーのみならず、キブリでもファーラーでも同じです。
日本のキットでは、塗装することはむしろ当然のこととされているのと好対照です。

もちろん、ドイツ製キットでも、塗装することは当然想定されていて、カタログに塗料などの紹介もあったと思います。
しかし、ドイツ製は塗装を必要としないことを標準としています。
それだけ、これらのキットに取り組める人たちの裾野が広がる→鉄道模型に入っていきやすい環境が整えられていると考えることができます。
実際、ファーラーのカタログにのっているレイアウトは、レールを敷き、建物を組み立てて、ボードにパウダーを撒き、道路のシールを貼り、豊富なフィギュアを配置するだけ。
自社製品満載しただけといえば、それまでの話ですけど、特別な技術を必要としなくても、鉄道模型を楽しめるようにシステム化されている。それが、日本との違いかなと思います。

私は、精密な工作を否定しているのではありませんので、お間違いのなきよう。
工作できる方は、どんどんその能力を発揮されれば良いと思います。
しかし、工作できないと鉄道模型を楽しめないというのは、大きな誤りだと思うのです。

小難しい話になりました。今日はこのへんで。

|

« フォルマー7712-2 | トップページ | フォルマー7731-1 »

351 フォルマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/8132643

この記事へのトラックバック一覧です: フォルマー7712-3:

« フォルマー7712-2 | トップページ | フォルマー7731-1 »