« GMオハフ61 まずは妻板から | トップページ | GMオハフ61 ドアのくり貫き »

GMオハフ61 リブの削り落とし

ドアをくり貫く前に、車体裏側のリブを削り落とします。
GMの客車はそのまま組み立てると腰高な感じがします。
最近知ったことですが、忠実に1/150にしてしまうと、フランジが床板にあたるみたいですね。
それで、ボルスター部分が高いのかもしれません。

簡単に車高を下げる方法は、床板の取付位置を上方にずらすことです。
車体裏側のリブを削り落としてしまうのは、このためです。

DSC02849リブの削り落としには、彫刻刀を使います。
写真の彫刻刀は東急ハンズで300円くらいで売っていたものです。
カッターナイフやデザインナイフに比べて、刃先に力を加えても折れないので便利です。
 
 
 
 
リブに彫刻刀をあてて、削り取っていきます。
側板だけでなく、妻板の下部のリブも削り落とします。
DSC02851DSC02852 
 
 
 
 
 
 
 
一昨日ご紹介した、ドア素通しのオハ61も車高を下げています。
下から見るとこんな感じです。
DSC02853DSC02854

|

« GMオハフ61 まずは妻板から | トップページ | GMオハフ61 ドアのくり貫き »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/8321372

この記事へのトラックバック一覧です: GMオハフ61 リブの削り落とし:

« GMオハフ61 まずは妻板から | トップページ | GMオハフ61 ドアのくり貫き »