« 1年 | トップページ | 鉄道コレクション第2弾 »

キハ55系

TOMIXのキハ55系が発売となりました。

Dsc03385Dsc03386 
 
 
 
 
 
 
 

今回は、キハ55一般窓セット、キハ55とキハ26のバス窓単品、キロ25、キロハ25、キユニ26を購入しました。

キロ25の人気が異常なようで、今日が入荷なのに、午後3時ころお店に行ったら、キロは売り切れ。
予約入れておいてよかった。

しかし、キロ25で何するんでしょう?キハ26の400番台にでもするんでしょうか?
400番台は、指宿枕崎線で乗ったことがありました。
特別席だと思って乗ったら満席で、そのうちに通学の高校生がたくさん乗ってきて、
旅行の荷物いっぱいの私は完全に邪魔者。こんなことなら、普通のキハ26に乗ればよかったと思ったものです。
座席自体は、特急普通車用のものでした。これはサロ110の0番台(=サロ153)などと同じ。

今月の鉄ピクにキロ25は二度と乗りたくない1等車だという感想が掲載されてます。
特急のグリーン車並みのキロ28も同じ1等で、同じ1等運賃を支払うわけですから、
できれば遠慮したいのは当然でしょうね。
早々に普通車に格下げされたのも理解できます。

さて、モデルですが、
 キハ58系、キハ10系と同様に、あっさりと、しかしかっちりと作ってます。

 細かなディテールが自己主張しないようにあっさりとまとめ、
車体やドアや窓の輪郭はかっちりと角が出ているとでもいうのでしょうか。

 赤とクリームの塗りわけがあざやか。WINのキハ55がぼやけて見えてきます。

Dsc03387 ヘッドライトの色味が実感的。
どこかの荷電とは違い、白熱電球の色味が出ています。
さらに、ヘッドライトにレンズの彫刻がしてあります。
構造上仕方がないですが、反射板を表現できず、レンズの向こうが真っ暗に見えるのが何とも残念です。
 
 
 
 

 塗装は、キユニのみ雨どいの赤が省略されたタイプ。座席車は雨どいも赤く塗られています。
WIN製では、旧急行色と呼ばれていたものです。

 さて、私の記憶の中のキハ55系は、良くてキハ58系の中に組み込まれて急行運用についているものであり、あとは、閑散線区の普通用として雑多なキハに併結されているものです。

 今回の製品も、キハ58系や10系とそういう楽しみ方をしてみようと思います。
Dsc03393Dsc03394

|

« 1年 | トップページ | 鉄道コレクション第2弾 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

 こん**は。

 私も本日(4/1)にキハ55(1段窓)×4、キロ25、キハ26(1段窓)合計6両購入しました。行き着けの模型屋でも私が購入したキロ25、キハ26がラスト1台で私の世代をターゲットにしたにせよ凄い人気です。

 全体の印象として床下のエンジンが別パーツなのは今までの常識を覆すようなものですね。目に付きにくい場所ではありますがデイテールはエンジンの質感は言う事なしでキハ58より進歩していますね。塗装も鮮やかではありますが実車よりも彩度が高いように見えます。

 今日の所は別パーツの取り付けや車番転写があったので購入した6両を単独に組んで動かしましたが明日は昭和40年頃の「あいづ」「あがの」をモデルとしたキハ58,52との混結で楽しもうかななんて思います。

投稿: EF6480 | 2006年4月 2日 (日) 午前 02時00分

こん**は。

キロとキハ26はセーフでよかったですね。

58との塗装の違い、見比べてみると赤が鮮やかに発色してますね。

あいづやあがののアップを楽しみにしております。
私のほうは、鉄コレ、街コレがひと段落してからの整備になりそうです。

ではまた。

投稿: e231green | 2006年4月 2日 (日) 午後 05時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/9320189

この記事へのトラックバック一覧です: キハ55系:

« 1年 | トップページ | 鉄道コレクション第2弾 »