« EF81初期型 | トップページ | 平窓非冷房キハ58  »

EF81 一般色

今日は久々に昼前までゴロゴロ。
午後から昨日のEF81の整備を行ないました。

Dsc04076懸案のナンバーは13号機を用意
トワイライトカラー用のナンバープレートの113号機の1を削って使いました。
本当は14号機の方がよかったのですが、すでにトワイライトに使用していました。
また、東日本カラーナンバーに111号機あるので、これも使えます。
ナンバープレートは、ねずみ色で下塗りしてGMのNo20を塗りましたら、違和感を感じない程度になってくれました。ちなみに、JR一般色のほうは東日本カラー用の91号機を使用しています。

 
 
タッチアップは、パンタグラフと高圧線。
パンタグラフは銀、高圧線はNATOブラックをそれぞれ吹き、ガイシを白に筆塗り。
13号機にJRマークを貼り付け、カトーカプラーに交換して完成です。
Dsc04077Dsc04078
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5/1追記
完成写真を見比べておりましたら、屋上機器の形が明らかに違うことに気がつきました。
鉄ピクなどの記事に、銀色の高圧機器カバーが初期型よりも30mm高くなったという記述があったので、こちらには注目していた(もっとも、0.2mmの違いに過ぎないので無視)のですが、うかつでした。もしも、屋根の交換をしてしまった方がおられたら、申し訳ありませんでした。
Dsc04077aDsc04078a 
 
 
 
 
 
 
 
 
5/1さらに追記
屋根を元に戻し、初期型には無線アンテナを取り付け、JR一般色の無線アンテナ取付穴を埋めました。

Dsc04080無線アンテナは、JR一般色のものを初期型にコンバートしようと思っていました。
ところが、取付穴が長円形で、こういう穴をきれいに開けるのは大変です。
 
 
 
 
 
 
Dsc04081そこで、製品付属の無線アンテナはひっくりかえして穴埋め用に使うことにしました。取付穴を差し込んでから無線アンテナ部分をカットしてしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc04082瞬間接着剤で固定し、表面が面一になるようやすりがけします。
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc04083初期型には、手持ちの銀河パーツを使用します。
 
 
 
 
 
 
 

穴埋めした屋根板はつや消し黒を、列車無線アンテナはねずみ色1号をそれぞれ吹いて、組み上げました。 
Dsc04086


|

« EF81初期型 | トップページ | 平窓非冷房キハ58  »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/9831613

この記事へのトラックバック一覧です: EF81 一般色:

« EF81初期型 | トップページ | 平窓非冷房キハ58  »