« 新スハ43系 | トップページ | バスコレ・ワーキングビークル »

動力車爆裂の話題から

某巨大掲示板に、O系新幹線の動力車のダイカストブロックが膨張したという話がでておりました。

当然走行不能ですし、ボディも痛めかねない状況なのだとか。
おそろしい話です。

0系は持っておりませんが、発売時期の2001年12月から翌年1月ころの製品が危ないのではないかという、うわさもあります。

幸い、私は被害を免れました。
でも、他の商品が大丈夫という保障はないわけで、生産後4~5年経過の車両は要注意かと思います。

KATO製品は、すでに10年、20年経っている動力車でも、何の変化も無く、スムースに走ってくれるんですがねえ・・・・


ところで、今年はマイクロさんがNゲージ生産に復帰して10年目になるんですね。
1996年にD51・D61を発売し、つづいてC59・C60のバリエーションが、あっという間に展開していきました。

あれから10年ですか。
マイクロさんの車両は、結構な数になりました。

TOMIXさんは、30周年でEF65Fを出すそうですが、マイクロさんも10周年記念製品を出すんでしょうか。
マイクロさんの場合、全部記念品みたいなものではありますが・・・

|

« 新スハ43系 | トップページ | バスコレ・ワーキングビークル »

610 浅慮空言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/9793894

この記事へのトラックバック一覧です: 動力車爆裂の話題から:

« 新スハ43系 | トップページ | バスコレ・ワーキングビークル »