« EF57 7 | トップページ | スハフ42(1号車)その2 スハ43(5号車) »

スハフ42(1号車)その1

色さしの続きです。まずは1号車のスハフ42。

EF57と同じように、車体には半つやのトップコートを、屋根にはジャーマングレーとつや消しのトップコートを吹きましたが、変わり映えがしません。

後のスハ43は、製品のままです。屋根の色が若干暗くなったくらいで、光沢の具合はほとんど同じ。

車体はともかくとして、屋根はもっとつやが落ち、暗い感じになって欲しいところ。
トップコートの効果があまり出ていないようです。

EF57は、夜間にトップコートを吹いたのに対して、スハフは晴天の昼間でしたので、湿度の違いなのかとも思いますが・・・・

今日の関東地方は湿度も高いようですので、屋根に黒を吹いた後にジャーマングレー、さらにトップコートを試してみようと思います。
Dsc03799_1
Dsc03800_1

続く

|

« EF57 7 | トップページ | スハフ42(1号車)その2 スハ43(5号車) »

360 旧客 八甲田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/9614785

この記事へのトラックバック一覧です: スハフ42(1号車)その1:

« EF57 7 | トップページ | スハフ42(1号車)その2 スハ43(5号車) »