« ヒガハス28 | トップページ | クロ481 50番台 »

ヒガハス29

モジュール引きとおし線の寸法の備忘録(単なるメモです。)

引きとおし線 24-825を2本使用。

フィーダー S62F(裏側から上下線が分かるよう、コードにラベルをつける)

引きとおし線は、上下線のそれぞれ進行方向が差込口になるように配置する。

切断位置
引きとおし線 それぞれフィーダー側100mmのところで切断。

S62Fのコード(以下、「フィーダーコード」という。)
         それぞれ電源側300mmのところで切断。
         さらに1本は、200mmの位置で切断し、リード線とする。

上り線の接合
引きとおし線とフィーダーコード及び300mm長の差込口付コードを接合。

下り線の接合
引きとおし線とフィーダーコード、200mm長のリード線を接合し、
200mm長のリード線には、100mm長の受け口付コードを接合。

引きとおし線は、コードが100mmモジュールの外に出るように設置。

Dsc03634_1

続く

|

« ヒガハス28 | トップページ | クロ481 50番台 »

210 ヒガハス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/9488205

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガハス29:

« ヒガハス28 | トップページ | クロ481 50番台 »