« フオルマー7657-10 | トップページ | 札幌行寝台特急 »

クモユニ74 ホイッスルカバー

クモユニのホイッスルカバー。ようやく完了しました。

Dsc03455_1ねずみ色1号を吹いた後、高さを詰めたものの、これだけ小さいとうまくいきません。

最初から正確な寸法で切り出した方がよっぽど楽でした。
 
 
 
 
 
Dsc03454_4ゴム系接着剤で貼り付け。
アップにすると瞬間が流れた痕が醜いです。
 
当初の予定では、常磐線無線アンテナの取付が含まれてましたが、
どの辺に付くのか、資料がなくて分からず。
判明するまで保留です。
 
 
Dsc03456Dsc03457

 
 
 
 
 
 
 
 
いろいろと気になる点も多い荷電ですが、GMキットの組みたて品と比べれば抜群の完成度。

これを機に、クモニ83とクモユニ82を塗り替えて、クモニ+クモユに仕立てようかと思案中です。

|

« フオルマー7657-10 | トップページ | 札幌行寝台特急 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

毎日楽しみに拝見させて頂いています。
初めてですが、コメントさせて下さい。

クモユニ82の色替えでクモユとのこと。
これは、クモユ141のことですよね。
私もクモユニ82は2両も要らないので、余った1両を
どうするか思案していました。
クモユ141と窓割りは同じようですね。
多少の寸法の差はある(新JISと旧JISの関係なのでしょうか)
ものの、Nゲージなら誤差の範囲かと思っていますが、
やはり気になるのが屋根の高さ。
お面のイメージがかなり異なるのですよね。
このあたりをどのようにされるのか、非常に興味をもって
拝見いたしました。
続報をぜひよろしくお願いいたします。

タヴァサのキットを買ったはいいけど、放置している一読者
でした。

投稿: 大井 | 2006年4月 2日 (日) 午後 10時23分

大井さん、はじめまして。

今後とも宜しくお願いいたします。

さて、ご指摘の屋根の高さ。確かに問題ですね。

ご指摘を受けて図面を見ますと、実車ではクモユニの方が低いのですが、モデルではどうなんでしょう?

まだ計ってないんですが、実車どおりであれば雨どいの位置を変更して屋根はそのままにしてしまうと思います。

上野口では、必ずクモニ+クモユ+115系と連結されてましたので、クモユは実質中間車でした。

列車単位で考えると、前面よりも側面の方が重要となってきて、クモユは新性能電車ですので115系と雨どいの位置があわないとおかしなことになります。

反面、雨どいの位置が一致していて、屋根にクーラーがあり、形式標記がクモユ141であれば、前面の印象が多少違っていても、クモユ141併結の115系として受け入れちゃいます。

大井さんに対する答えにはなってませんね。
すみません。
ただ、Nの場合は列車単位でおかしくなければまあいいか、というスタンスですので、お許しください。

投稿: e231green | 2006年4月 3日 (月) 午後 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/9392938

この記事へのトラックバック一覧です: クモユニ74 ホイッスルカバー:

« フオルマー7657-10 | トップページ | 札幌行寝台特急 »