« 扇形機関庫2 | トップページ | スペーシア »

DD51のウエザリング

今日の埼玉県地方はひどい雷雨でした。
午後6時すぎには車軸を流すような雨、10時前の現在もまだ雨が落ちています。

その夕立になる前に本屋に寄り、レイルマガジンを購入しました。
年に1回の購入は、貨物列車の特集がある7月号。
JR貨物の機関車の運用表が付録でついています。
これがあると、たとえば、今日EF651059を見かけたとしたら、明日はどこを走るかがわかってしまいます。

今月号の表紙はDD51
いずれもTOMIXが製品化しているものなので同じように並べてみました。

Dsc04229

一見して違うところは屋根の煤、それからボンネット上の煤。
DLを実感的にするには煤を表現することが不可欠の様です。
ただ、真っ黒な屋根は美しくない・・・・
屋根を真っ黒にするのは、ちょっと躊躇します。

と思ってよく写真をみれば、煤けた屋根は黒ではない。チャコルグレーとでもいうのでしょうか。
黒とは色艶がちがいますね。
思いっきりつやを消したダークグレーであれば、汚らしくなく、実感的なのでしょうか?

続きはこちら

|

« 扇形機関庫2 | トップページ | スペーシア »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/10225626

この記事へのトラックバック一覧です: DD51のウエザリング:

« 扇形機関庫2 | トップページ | スペーシア »