« 扇形機関庫3 | トップページ | メンテナンス »

DD51のウエザリング2

レイルマガジン今月号の表紙のDD51。
煤けた感じにチャレンジです。

すでに何両か、墨入れしたDD51があります。
しかし、実感的とは言いがたい状態。
Dsc04260奥の1両は墨入れしましたという程度に収まりましたが、手前の方は墨入れとしてはやりすぎ、ウエザリングとしては不十分です。
手前の1両で実験してみます。


Dsc04261まず、車体上面を残してマスキングします。
煤けた感じの表現ですし、吹くのはスモークグレーですので、隙間があいていてもかまいません。


Dsc04264右がスモークグレーを吹いたものです。
なんとなく煤けた感じになったでしょうか。


Dsc04265続いて、屋根部分を除いてマスキングします。
屋根だけ外すと排気管の上が塗れません。
今度はジャーマングレーを吹きますので、隙間の無いようにします。


Dsc04270
Dsc04271ジャーマングレーを吹いたのち、マスキングをとって、つや消しのトップコートをたっぷり吹きました。
前よりは良くなりました。
レイルマガジンの表紙と比べると、実車の屋根はもっと黒いですね。
ジャーマングレーではなくて、NATOブラックでよかったかもしれません。

続きはこちら

|

« 扇形機関庫3 | トップページ | メンテナンス »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/10259009

この記事へのトラックバック一覧です: DD51のウエザリング2:

« 扇形機関庫3 | トップページ | メンテナンス »