« Joshin 浦和美園店 | トップページ | 走らせる楽しみ »

鉄道模型の楽しみ

 鉄道模型の楽しみ。
 大きく分けると、作る、集める、走らせるということになりましょうか。

 走らせるという楽しみは、多くの方にとって鉄道模型の原点ではないかと思います。

 ベーシックセットを買い、急いで帰宅してパッケージを開き、説明書もそっちのけでエンドレスを組み、車両をレールに乗せてスロットルオン。

 多くの方の鉄道模型の始まりはこのパターンですよね。

 車両は何だったでしょう。
 ブルトレ?新幹線?あるいは485系あたりでしょうか。

 私の場合はEF70+20系客車でした。

 まだ、セット売りなど無く、単品のアラカルト。
 レールも道床のない組線路。
 宮沢かどこかのパワーパック。
 買ってもらったのは、大宮の西武デパート。今はロフトになってます。

 購入の際のテストランで、アーノルトカプラーが自動連結できることにびっくり。
 父親に、自動でつながったと興奮して報告。父親も見てるんですけどね。

 家に帰って夜遅くまでぐるぐる運転。翌朝は、普通では絶対起きない時間からぐるぐる運転。

 列車1本、それも不完全な編成。レールもエンドレスだけ。

 それでも、床にほっぺたをくっつけて驀進してくるEF70に見ほれたものでした。

 プラレールとかと違って精巧なモデルを、自分の思い通りに発進させたり、停止させたりできる楽しみ。
 これが自分にとって、鉄道模型の楽しみの原点だと思います。


 さて、いろいろある楽しみ方。これから何回かに分けて、自分の感じているところを書いてみたいと思います。

 
続く

|

« Joshin 浦和美園店 | トップページ | 走らせる楽しみ »

610 浅慮空言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/10420436

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型の楽しみ:

« Joshin 浦和美園店 | トップページ | 走らせる楽しみ »