« 路面用パーツキット1 | トップページ | 車で帰省 »

ヒガハス33 ダイヤ試案

普通列車のデータ入力も終わり、ヒガハスを通過する列車で時刻表に掲載されているものは全列車についてデータ化できました。

あとは貨物列車ですが、このころ(1972年)の貨物のダイヤを調べるのは不可能に近いと思われます。
1972年といえば、SLブーム真っ只中でしたので、SLの走らない線区の記事、データというのは極端に少ないのです。
記録を追うのはあきらめて、ダイヤの空いているところに勝手にスジを引くことにいたします。

さて、実際のダイヤどおりに模型を運転するということではじめたヒガハスのダイヤですが、とりあえず、9:00から14:00までの通過列車をリストアップしました。
Dsc04381

時刻表

上下あわせますと結構な本数になります。

そして、9:00~10:00までの列車をダイヤグラム化したのがこちら。
Dsc04382

ヤードは8本。
ヤードに接続する本線上に着発スペースを作って電気的に分離しておくという想定です。
そして、本線の一部がヒガハスになります。

本線上はそれほど走っていなくても、ヤードと着発線の間の引き出し・引き上げで結構忙しいことになります。

ヤードの1番線は急行津軽用の旧客、
2番線は、急行いいで・ざおう用のキハ58系
3番線は、はつかり用の583系
4番線は、空き
5番線は、まつしま・ばんだい用の455系
6番線は、ひばり用の485系
7番線は、なすの・日光用の165系
8番線は、普通用の115系としてあります。

115系が頻繁に動いていますので、これを例に説明しますと、

9:05、ヤード8番から下り着発線に移動した115系は、
9:07、1515M急行なすの1号として、下り着発線を発車、
9:08、ヒガハスを通過して、
9:09、上り着発線に到着、
9:12、558Mとして、上り着発線を発車、
9:13、ヒガハスを通過し、
9:14、上り着発線到着、直ちに537Mとして折り返し、
9:15、ヒガハス通過
9:16、下り着発線到着、そのまま着発線にとどまり、
9:20、539Mとして発車して、
9:21、ヒガハス通過
9:22、上り着発線到着、
9:24、上り着発線からヤード8番へ引き上げ、しばらくして
9:51、ヤード8番から、543Mとして発車して、
9:53、ヒガハス通過、
9:54、上り着発線に到着、小休止の後、
9:56、560Mとして発車
9:57、ヒガハス通過、
9:59、ヤード8番に引き上げとなります。

そのほかにもいろいろ走らせることになるので、グラス片手になんてやってる場合ではないようです。

ダイヤは、エクセルで作成しましたが、作成中に思いました。

鉄道模型が好きな人には、工作をすることが好きな人、コレクションして製品の歴史に触れるのが好きな人などいろいろいらっしゃいますが、
私の場合は模型の車両運用をあれこれ考えるのが好きなようです。

かなり異端の部類ですね。


と、ここまで書いて、もう一度ダイヤを見直したら、512Mが下り列車としてスジ引いてました。
現状では、1515Mが上り着発線を占領してますので、これを下り着発線に移して、512Mが上り線に入れるようにしました。

Dsc04383

続く

|

« 路面用パーツキット1 | トップページ | 車で帰省 »

210 ヒガハス」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
時刻表に一関行きの123レがあるじゃないですか!
懐かしいな!
中学生の時に友人と3人で宇都宮まで乗りに行きました。
EF58に引かれた木目調で白熱灯の客車と、近代的な旧客?が混ざっていたのを覚えています。
この列車も再現して貰えると嬉しいな。

投稿: aaa | 2006年7月 2日 (日) 午後 11時12分

aaaさんはじめまして。
トリプルエーさんでよろしいのでしょうか。
格上な感じがしていいハンドルネームですね。

ご要望にお応えしているか、はなはだ疑問ですが、とりあえず123レらしきものを再現してみました。

この123レは、宇都宮までに抜かれるのは季節列車のはつかり51号だけという快適な列車だったようですね。

ひどいのになると、大宮小山間で特急3本、急行1本待ちなんてのもありますので。

また気軽にコメントしてください。
よろしく。

投稿: e231green | 2006年7月 6日 (木) 午前 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/10750149

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガハス33 ダイヤ試案:

« 路面用パーツキット1 | トップページ | 車で帰省 »