« ヒガハス40 | トップページ | タキ18600 »

ヒガハス41

線路際のアクセサリーを取り付けました。

Dsc04439


距離標と勾配表示は、TOMIXの線路際アクセサリーセット1の物をつかいました。
今作成しているモジュールは東京起点37.5Kmのあたりなんですが、もちろんそんな表示はありません。実物どおりに「1/2 37」の表示を入れるか、セットのものをそのまま使うか、迷うところですが、自分で書き込んで綺麗にできるわけがないので、製品をそのまま使うことにしました。勾配表示も同じです。

Dsc03287

Dsc02776


小物も設置したので、いよいよ植物(雑草)の表現です。
ゴールデンウイーク直前の植物の状態は、新芽が鮮やかに芽吹いているものの、まだまだ昨年の枯れ草が巾を利かせている状態です。

Dsc03970

Dsc03968


背の高い草の表現は、フィールドグラスを使うのが一般的です。

Dsc04437


ところが、このフィールドグラスは、あまりに腰が強くて、ぴんとまっすぐ上を向いてしまい、普通の草の様な放物線を描いてくれません。
そこで、何か他に材料はないかと100円ショップへ。
へちまと麻ひもを買ってきました。

Dsc04436

Dsc04438

これらを使い分ければ、枯れ草はなんとかなりそうな感じがしています。


問題は新芽です。

この写真の様に鮮やかな緑色をしたパウダーとかフォーリッジとかがないのです。
ヒガハスは是非新芽の美しい頃を表現したいと思っていたものですから、植物の色合いはなんとか表現したいのです。
場合によっては、ポスターカラーで調合して、自作することになりそうです。

Dsc03974_1

メニューへ戻る

|

« ヒガハス40 | トップページ | タキ18600 »

210 ヒガハス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/10985488

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガハス41 :

« ヒガハス40 | トップページ | タキ18600 »