« ヒガハス36 | トップページ | ヒガハス38 »

ヒガハス37

線路脇の側溝を取り付けます。
このパーツが発売されたおかげで、大変楽になりました。
以前は、プラバンを切り出して、等間隔にカッターでスジ彫りをしていたものでした。
KATOさんに感謝。

さて、側溝の中には信号関係のケーブルが収められているようです。
側溝のふたの隙間からケーブルが出てきて、信号関係の機器に接続されています。

Dsc03621

Dsc02777


ヒガハス付近の側溝は、バラスとのすぐ横に設置されてます。
築堤の上を走っている部分が多くて、離れた場所に設置できないみたいです。
高崎線では、バラストから1m以上離れた場所にあることが多いようです。

Dsc03837

信号がある場所では、信号の外側に設置され、そのすぐ上に機器が設置されています。
(上の写真参照。)


モジュールでも信号のある場所の側溝を迂回させました。
コンクリートらしい色に塗ろうかとも思いましたが、側溝に自己主張されては困るので、架線柱を建てた時点で、バランスを見ながら塗装することにします。

Dsc04410
 
続く

|

« ヒガハス36 | トップページ | ヒガハス38 »

210 ヒガハス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/10985041

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガハス37:

« ヒガハス36 | トップページ | ヒガハス38 »