« フォードクーペ | トップページ | 試運転 »

毛色の違ったもの

今日の夕方、毛色の違ったものがやってきました。

何であるかは、フォードクーペの縮尺がヒント。

25分の1という鉄道模型はないものの、それに近いのはGゲージ22.5分の1。LGBです。

Dsc04925
今日やってきたのは、LGBのスターターセットです。
多くの方が、このクラウスと客車のセットから始めるようで、私もこれからはじめました。

セット自体の内容は、クラウスと客車。630Rのエンドレス。フィーダーとパワーパック。そしてフィギュアが5体です。写真に写っている樽の載っている貨車と直線線路は、別に購入したものです。

このスターターセット。非常にお買い得です。
樽の載っている貨車が量販店で12,000円もしたのに、スターターセットはこれだけ入って55,000円(定価)。
思いっきり敷居を低くしてます。

Dsc04924
車両のアップです。
ジョイント音は軽やかなるも低音が響いていい感じです。
モーターの音は全くといっていいほど聞こえません。


Dsc04936
Dsc04937
Dsc04940
Dsc04938

Bタンクのクラウスです。
松山の坊ちゃん列車と同系列らしいです。
ドイツの機関車は、このくらいしか判りません。

模型的には、相当がっちりしています。
子供が少々手荒に扱ったところで、そう簡単には壊れないようになってます。
総重量2Kg。ライトが点灯します。
集電は、動輪の間にあるシューから行ないます。


Dsc04935
Dsc04933
Dsc04934

2軸客車です。
乗客のフィギュアは別に購入したものです。
これだけ大型の模型になると乗客は必須ですね。
車輪が金色っぽくなってますが、これは機関車のシューかフランジが削ったレールの粉で、車輪自体はプラ製です。R600を通過させるために、台車が回転しカプラーが台車マウントになっています。台車枠はダミーです。
車輪がプラ製ですので、室内灯は付いていません。これだけ大きいですし、屋根も簡単に外れますので、乾電池で点灯する室内灯ユニットを自作して天井からぶら下げてもいいかと思います。
ドアが開くのも、大型模型の魅力の一つですね。


Dsc04942
別に購入した無蓋車です。
荷台にビデオカメラをセットして、動画を撮りたいと思ったのが購入の動機で、本当は樽など載っていない車両が欲しかったんですけど、残念ながら品切れでした。
樽はねじ止めのようなので、取り外せぱ目的を果たせそうです。


Dsc04923
うちの庭です。
芝生の痛みが、LGB購入の動機となりました。

昨年、どこかの猫が、毎朝、うちの芝生を便所代わりにしまして、相当芝が傷んでしまいました。
猫は、こちらで撃退したんですが、ダメージは今年も引きずっています。
ダメージを引きずっているのは、この場所が、日当たりがいいとは言えないということもあるので、もう芝生をはがしてレンガでも並べようかと思ってました。
どうせレンガを並べるなら、その上に線路を敷いたら楽しそうジャン。というわけで、LGBが欲しくなったというわけです。
最近はNゲージも高くて、何ヶ月か前の八甲田、鳥海なんかは、基本増結揃えると、このスターターセット買えちゃいますし、セットケースの収納場所にも困りかけてたところですので、どうせ買うんならLGBにしちゃえということで、導入に至ったわけです。

明日は、庭に線路を敷いてみたいんですが、どうも天候の方が厳しいようですね。
一応、雨天でも走らせられるということなので、雨がひどくならなければトライしてみようと思います。


ところで、フォードクーペは一応完成したのですが・・・・
Dsc04941
何か小さすぎるような気がします。
1/22.5と1/25ってかなり違うんですね。

|

« フォードクーペ | トップページ | 試運転 »

130 車両 Gゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/11438189

この記事へのトラックバック一覧です: 毛色の違ったもの:

« フォードクーペ | トップページ | 試運転 »