« 試運転 | トップページ | 20系客車 »

LGB客車の室内灯

スターターセットに含まれていた客車の車輪はプラ製で、室内灯が点灯しません。

お客さんも乗せたことですし、やはり室内灯はつけたいところです。
もっとも、車輪を交換したうえで改造工事をする気もおきません。
空間的にはけっこう余裕があるし、屋根が簡単に外れるので、乾電池で点灯する室内灯ユニットを天井からぶら下げるのがもっとも簡単そうです。


ホームセンターでパーツを買ってきました。
小学校の理科の授業のようです。
Dsc05004
豆電球とソケットと電池ボックス。
これをネームプレート用のプラ板上に両面テープで貼り付けてユニットとします。


Dsc05005
ユニット自体も両面テープで屋根に貼り付けました。
 
 
Dsc05008
机の下で点灯してみました。
最近は、乾電池でも強力なものが出てきているので、使いやすくなりました。
それから、レールなしで点灯できるというのは非常に新鮮で良かったです。
見映えとしては、電球が大きすぎて窓から見える位置で光っている状態です。
電池は目立たないので、電池の太さくらいの電球、麦球を使うともっと良くなりそうです。
 
 
夜になったので、点灯してみました。
真っ暗だと、車体が良く見えなくなって面白くないです。
薄暮が一番見映えがしそうです。
Dsc05010
Dsc05013

|

« 試運転 | トップページ | 20系客車 »

130 車両 Gゲージ」カテゴリの記事

コメント

E231GREENさん、こんにちは。
庭園鉄道良い感じですね。
わたしも、実家でいろいろやってみようと考えてはいるのですが、芝生じゃないので仮設の木道で、16番にしたら良いのかなと考えてます。
Mだと、流石に小さ過ぎますし、KATOや、TOMIXのプラで、出来の良い東北型も出ていますので。
問題は、16番の再生産周期が長い事で、在庫の無い485系300番代や、583系、20系等がいつ入手できるか分からないのが悩みの種です。
まあ、おいおい再生産もされるでしょうし、気長に待とうと思っております。

投稿: 健康通 | 2006年8月17日 (木) 午前 11時42分

こんにちは。

気長に待つのは良いことだとつくづく思います。

これまでに売り切れを恐れて買い集めた車両の数々。
結構買っただけになってしまっているものも多くて自己嫌悪に陥いることもしばしばです。

本当に欲しい物を生産されたときに手に入れるのがベスト。
市場から消えても、多少のプレミアを覚悟すれば、全く買えないこともないですし。
少なくとも、必要もないのに買ってしまうよりはましですね。

投稿: e231green | 2006年8月18日 (金) 午前 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/11451205

この記事へのトラックバック一覧です: LGB客車の室内灯:

« 試運転 | トップページ | 20系客車 »