« LGB客車の室内灯 | トップページ | 20系客車 その2 »

20系客車

先日購入した20系客車(10-366)をあけぼのに仕立てます。
といっても、テールマークを取り付けるだけ。
本当に良くできたモデルです。
 
旧製品の20系であけぼのを組んだときは、ナハネ20でさえ、Hゴム、サッシ、行先表示窓等の色差し、トイレ窓に白のプラ板貼り付け、屋根の塗装と、手を入れる場所満載でした。
Dsc05019
Dsc05018
 
 
本日限りで旧編成は引退です。
保管するスペースがきびしいので、廃車解体とします。
昔は余剰となった車両を模型屋さんに持って行くと、もらってくれる子供がいたのですが、今はそういう子供もいなくなってしまったようですね。

 
 
新しい編成は、昭和45年から昭和48までの1往復時代および昭和48年から50年までの下り1号、上り2号のもの。
カニ21-ナロネ21-ナハネ×5-ナシ-ナハネフ23-ナハネ×3-ナハネフ22の13両編成。
ナロネが1両であることが、2往復時代の下り2号、上り1号と異なり、食堂車が組み込まれている点が50年以降の編成と異なります。
Dsc05017
 
 
Dsc05020
Dsc05021

続く

|

« LGB客車の室内灯 | トップページ | 20系客車 その2 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ヒガハスに赤ベコというのも意外と合うものですね。
私も今回の20系は1編成増備しました。
今まであったのはくつる、あけぼの編成にしてましたが、今回のはゆうづるにしようと思ってます。
うちのあけぼのは、専らEF71の重連が面倒を見ていますが、ヒガハスだとEF65PFになりますね。
この時期だとHMが無いのが寂しいですけど、模型なのでそのうち付けてあげようとは思ってます。
あと、テールマークを赤にしてあげたら面白いかなとも考えてたりします。

投稿: 健康通 | 2006年8月17日 (木) 午前 11時54分

健康痛さん、こんにちは。

ヒガハスに赤ベコ、一度は見てみたいものです。
おっしゃるようにPFが牽引する場面なのですが、子供が寝てしまうと取り出せない場所に保管してありまして、アウトでした。

一応ナシ組み込みの1975年以前の編成ですので、PFはヘッドマークをつけてたみたいです。
以前スカートを固定化した旧動力の1018号機に牽かせてみようと思います。

投稿: e231green | 2006年8月18日 (金) 午前 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/11469300

この記事へのトラックバック一覧です: 20系客車:

« LGB客車の室内灯 | トップページ | 20系客車 その2 »