« 線路拡張 | トップページ | オハフ33/スハフ42 »

スハ43/オハ46

旧客編成の普通車です。

いずれも、KATO 1-505 スハ43 ブルーです。

Dsc05136

Dsc05137

KATOの旧型客車は、窓枠が別パーツとなっていて、窓が半開となっている窓枠が同封されています。
このため、窓枠をアルミサッシ化するのが大変楽です。
アルミサッシ化するのであれば、せめてドア窓をHゴム化したいのですが、こちらは手付かずのままに。
いずれKATOさんが対応してくれるでしょう。Nゲージでも対応したくらいですから。
実車の概要にもありますとおり、台車をTR47からTR23に振り替えるとオハ47になります。
オハ35系が再生産されるたびにホビセンでTR23を探しますが、考えることは皆同じ。
たいてい売切れになっていて、いまだにオハ47ができません。

実車の概要
スハ43形式車は昭和26~29年製で、天井灯を2列にし、腰掛背ずりにもたれをつけるなどの改良が行なわれています。定員88。自重32.2~34.5t。スハフ42形式車は26~30年製で、客室内はスハ43とほぼ同じであり、このとき以来車掌室を出入台の外へ設けるようになりました。定員80。自重33.4~35.1t。台車はいずれもTR47.なお北海道向けがスハ45およびスハフ44。自重の軽いものがオハ46およびオハフ45.オハネ17と台車交換してTR23付としたものがオハ47形式車です。また、スハ43、オハ46およびオハ47の出入台の内に車掌室を設けたものがスハフ42401~、オハフ45101~、およびオハフ46形式車です。

以上は、誠文堂新光社国鉄客車貨車ガイドブック昭和46年版より引用しました。

|

« 線路拡張 | トップページ | オハフ33/スハフ42 »

110 車両 HOゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/11619396

この記事へのトラックバック一覧です: スハ43/オハ46:

« 線路拡張 | トップページ | オハフ33/スハフ42 »