« ミニバスコレクション1 | トップページ | ブロック分割 »

EF15最終タイプ

天賞堂 52003 EF15最終タイプ(7窓Hゴム)

Dsc05171

Dsc05172

Dsc05173

 手すりが曲がってるだの、走りが悪いだのさんざん言われた天賞堂のEF15です。
 確かにすばらしい出来とは言えませんが、買って、眺めて、走らせてみれば、なかなかのお気に入り車両です。
 牽くのはもちろん黒貨車。それとタキ43000のガソリン専貨。EF15も、まだタキ43000が新鋭車両であった昭和50年ころには牽いておりました。当然車掌車付でした。


実車の概要
 戦後旅客機のEF58形に引き続いて貨物用機として設計製作されたもので、歯数比と台車部分がことなるほかは、EF58形旧型と同一です。
 1947年製のEF151~8,16~33は、29,30をのぞきすべてEF16形に改造されましたが、奥羽線用のものはEF64形の投入により上越線に転じて、ふたたびEF151~8,20,21に復元されました。
 1951年以降に製造されたEF159~15,34~64は、車体機器・主電動機が変えられました。
 1954年製のEF1565~129は先輪がスポーク形となりました。
 1957年製のEF15130~202はパンタグラフ・番号板等が変わり、後期のものは窓にゴムサッシが用いられています。

 以上は、誠文堂新光社新版電気機関車ガイドブックから引用しました。

|

« ミニバスコレクション1 | トップページ | ブロック分割 »

110 車両 HOゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/11691584

この記事へのトラックバック一覧です: EF15最終タイプ:

« ミニバスコレクション1 | トップページ | ブロック分割 »