« ヒガハス50 | トップページ | ヒガハス51 »

鮮魚特急

KATOからレサ10000セットが発売となりました。
さっそく、旧製品と比較してみました。
Dsc05805
Dsc05804いずれも、奥が旧製品、手前が新製品です。レムフの車掌室部分を除いて、同じようなパーツが使われています。

Dsc05809レムフの冷蔵室を外してみました。新製品の方が集電の関係か、ウエイトが多く載せています。
Dsc05808ウエイトを多く積んだせいか、レムフの冷蔵室の車掌室側の切り欠きが大きくなっています。しかし、それ以外は新製品も旧製品も同じ冷蔵室です。ちょっと加工すれば、旧製品の「レムフ10007」とか「10011」の車体に出来そうです。

Dsc05811写真では良く判りませんが、左は旧製品のKATOカプラー、右は新製品のナックルカプラー。問題なく連結できました。

Dsc05812
Dsc05813新製品と旧製品の混成で20両編成にしてみました。長崎-東京間のとびうお号です。下関から東はEF66でしょうけど、九州内は鳥栖を境にしてED73とDD51でしょうか。そちらを連結するのも面白そうな編成です。

Dsc05815とびうお号の向こうは、湘南新宿ラインの15両編成です。EF66+レサ10000系20両は、20m級15両とほとんどおんなじ長さでした。

|

« ヒガハス50 | トップページ | ヒガハス51 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/12610047

この記事へのトラックバック一覧です: 鮮魚特急:

« ヒガハス50 | トップページ | ヒガハス51 »