« 箱根駅伝 | トップページ | EF58小窓つらら切り付2 »

EF58小窓つらら切り付

1970年代前半まで宇都宮運転所に配属されていた小窓つらら切付のEF58にトライしてみました。
昨年11月末に用意した前面窓を使用します。

Dsc06143まずは窓ガラスを外します。製品はHゴム窓なので四隅にRがついています。

Dsc06144下辺のRを削り落とします。
小窓の方がHゴム窓よりも若干天地が高いので、下辺にやすりがけして広げます。

Dsc06145小窓の窓ガラスを入れてみました。

Dsc06147Hゴムの上越形と並べてみましたが、全く目立ちません。
小窓であることを目立たせるにはどうしたらよいか、3連休の課題です。
実車の写真を見比べてみます。

有名な89号機は、比較的早くHゴム化されていたようです。
小窓つらら切り付は、102・152・153号機あたりでした。
しかし、これらの機関車も、1980年ころにはHゴム化されたようです。

続く

|

« 箱根駅伝 | トップページ | EF58小窓つらら切り付2 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/13349067

この記事へのトラックバック一覧です: EF58小窓つらら切り付:

« 箱根駅伝 | トップページ | EF58小窓つらら切り付2 »