« C60 101 | トップページ | C62 18 »

C51 285

Dsc06171
2060 2000/10/16
C51です。
2000年ころは、蒸気全形式を製品化するという掛け声のもと、毎月蒸気機関車が製品化されていました。C51が製品化されるころには、微細な表現もできるようになりました。
写真とにらめっこすれば、いろいろ難点がでてくるのだと思いますが、パッと見はC51です。C60やC61もおなじです。Nゲージはそれでいいんじゃないかと思います。細密化や正確なプロポーションはHOに任せて、NではどうみてもC51にしか見えない機関車にスハ32系でも牽かせて、ちょっとした風景の中を走らせる。私はそれで十分です。
Dsc06172
Dsc06173
モデルは、マイクロエースA6601 C51-285本省式
「C51は国産のパシフィック第1号で大正8年から製造が開始され、9年間に289両が作られた。製造当時は18900形という形式であったが昭和3年の形式称号の改正でC51形の形式が誕生した。
C51は、東海道線の特急「燕」に使用され、従来よりも2時間40分短縮の9時間で走った。このときに超特急という言葉が使用されるようになった。285号機は給水温め器が本省式丸型と呼ばれ、少し形を変えてC51以降の機関車に広く使われるようになった。」モデルのケースの説明文より引用。

285号機は、戦後は北海道に渡り、1960年ころまで室蘭本線で活躍していたようです。

|

« C60 101 | トップページ | C62 18 »

101 車両 N SL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/13427833

この記事へのトラックバック一覧です: C51 285:

» ドモホルンリンクル [ドモホルンリンクルで美容 ドモホルンリンクルの口コミ]
ドモホルンリンクル口コミ [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 午前 01時06分

« C60 101 | トップページ | C62 18 »