« 鉄道コレクション第4弾 | トップページ | 鉄コレモジュール4.2 »

鉄コレモジュール4.1

鉄コレ第4弾に触発されて、モジュールに着手です。
第1モジュール第2モジュールの間に入る、ポイントのあるモジュールを作ります。

Dsc07041
まずは、下準備。これまでも、断片的にご紹介してきましたが、ベースはタミヤの10mm厚発泡スチロール板です。大宮タムタムで378円でした。

Dsc07042線路の位置関係の確認です。
モジュール間は、バリアブルレール(tomix 1522)を使用しますので、ボードの端から40mmの部分はレールを取り付けません。使用しているのは小型ポイント。直進側は99mm直線、分岐側は33mm直線にR140-30の曲線を組み合わせます。そうしますと、鉄コレ第4弾のホームの巾にあった線路間隔(55.5mm)となります。
反対側は70mm+18.5mm+18.5mm=107mmの直線を接続しました。


Dsc07043
Dsc07044
Dsc07045ボードは、まず上面と側面を塗装してしまいます。
側面に緑2号を吹き、マスキングしたら上面にねずみ色1号を吹きました。


Dsc07046塗り終えたら再び線路を接続して、りんかくをけがきます。

Dsc07047レール裏面に木工ボンドを塗ります。ポイントやバリアブルレールを接続する部分にボンドがまわると厄介ですので、気をつけます。この程度つければ、強度的には全く問題ありません。

Dsc07048レールを貼り付けたら、しばらく動かないように固定しておきます。

Dsc07049ここからが楽しい建物配置です。あ~でもない、こ~でもないと悩みます。ところで、既に出来上がったモジュールに道がある場合、間に挟まれるモジュールの道路を接続させるかが問題となります。
情景の一体性を重視すれば、当然接続させることになります。
しかし、道路を接続させてしまえば、おのずと情景は決まってきてしまいます。今回は消防署の建物を配置しようと思っていましたが、あまりに大きく、これを配置するのであれば道路を接続するのは不可能です。
 モジュールですから、道路が途切れたって構わないし、それさえ気にしなければ、建物を自由に配置できます。一つ一つのモジュールは完結していて、たまたまいっしょにつなげて遊ぶことがあるだけさ、と考えれば、道路を接続させる必然性はなくなります。
能書きはともかくとして、どちらも捨てがたい。さあ、どうしよう。

Dsc07050いろいろ並べてみます。明日はリニューアル第1弾とか第3弾を引っ張り出して配置し見ようと思います。

続く

|

« 鉄道コレクション第4弾 | トップページ | 鉄コレモジュール4.2 »

202 鉄コレモジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/14453515

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄コレモジュール4.1:

« 鉄道コレクション第4弾 | トップページ | 鉄コレモジュール4.2 »