« C11ドレスアップ | トップページ | C11完成 »

キハ200赤い快速

Dsc06779
370 キハ200 普通 九大・豊肥本線
グリーンマックス 4001 キハ200形2両セット「赤い快速」

キハ200形はJR九州が従来の気動車のイメージを一新するべく1991年に筑豊~福岡地区の時分短縮を目指して投入された快速仕様の近郊型気動車です。編成はトイレ付(0番台)+トイレ無し(1000番代)の2両1ユニットを基本として車体は811系電車を参考に通勤時の時分短縮を考慮し両開き3扉、座席は居住性を高めるため転換クロスシートを採用しています。最高速度は110km/hで新システムを積極的に導入し曲線通過速度、伝達効率の向上が図られています。「赤い快速」は2001年10月の筑豊・篠栗線電化により大分地区へ新たな活躍の場を求めて転属となり、指宿枕崎線快速「なのはな」、大村・長崎本線快速「シーサイドライナー」でも活躍しています。

Dsc06784

Dsc067813401 2005/10/30 キハ200-3

Dsc067823402 2005/10/30 キハ200-1003

|

« C11ドレスアップ | トップページ | C11完成 »

105 車両 N DC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/14108923

この記事へのトラックバック一覧です: キハ200赤い快速:

« C11ドレスアップ | トップページ | C11完成 »