« お世話になりました。 | トップページ | 485系の編成2 »

485系の編成

485系の編成は、はっきり言ってよく知りません。
485系には、大きく分けて、キノコ形クーラーの0番台と、AU13などの200番台以降の車両がありますね。
ボンネットクハしかなかった時代は、当然全車キノコクーラーですが、1972年10月に200番台が登場してからは、キノコクーラー車とAU13車は混成されたのでしょうか。

上野口を担当していた青森と仙台の配置車両をまとめてみました。まずは、1973年3月現在のものです。
Haichi197303_2

緑地の番号は0番台のキノコクーラー車です。

青森運転所のクハは全て新鋭の200番台です。
ところが、中間車には少なからず0番台が配置されてます。

仙台運転所では、サロとサシ1両を除いてキノコクーラー車です。

昭和48年まで、仙台ではサロを使った13両編成以外は、キノコクーラーで統一されていたことになります。
一方青森では、中間車の3分の2は、AU13ですが、残りの3分の1はキノコクーラーでした。

モハ484-200番台には専務車掌室がありません。
それで、仙台から0番台を転属させて、車掌室つきモハ484の不足に備えたのではないかと思われます。

したがって昭和48年当時の青森の編成は、
  クハは全て200番台
  モハ4ユニットのうち、1~2ユニットがキノコクーラー
  サロとサシは、16本ある編成のうち、6編成がキノコクーラー
だったことになります。

その後、青森と仙台には300番台が配置されて、200番台やクロを置き換えていくことになります。
その経過は、また後日、調べることとします。


続く

|

« お世話になりました。 | トップページ | 485系の編成2 »

500 実車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15145745

この記事へのトラックバック一覧です: 485系の編成:

« お世話になりました。 | トップページ | 485系の編成2 »