« MADE IN CHINA | トップページ | 車掌さんが笛を吹く列車 »

485系の編成10 模型で再現

485系の編成の移り変わりを模型で再現してみます。

 なお、対象とする編成は、昭和47年10月のダイヤ改正から昭和53年10月のダイヤ改正までの間の、東北方面のものとさせていただいております。この時期は、クロ、ボンネット、200番台、300番台のクハが使用され、また、サロの連結位置も違うなど編成にバラエティがあったころです。

1 昭和50年3月改正前の編成

A クロ組み込みの12両編成
 所属 仙台運転所
 すべてキノコクーラーで統一されているのが特徴です。
 使用列車
   ひばり  
   やまびこ 昭和48年10月改正前まで
   やまばと 
   ひたち  
1a1
1a2



B クロ組み込みの9両編成
 所属 仙台運転所
 1Aの編成から、サハ-モハ-モハを抜き取った形で、こちらも、キノコクーラーで統一されています。
 使用列車
  あいづ 
  ひたち 
1a1_1
1b2



C クロ・サロ組み込みの13両編成
 所属 仙台運転所
 1Aの編成のクロの次位にサロを組み込んだ形で、 サロのみAU13装備車というのが特徴でした。
 使用列車
  ひばり
1c1
1a2_1



D サロ組み込みの12両編成
 所属 青森運転所
 AU13装備車のなかにキノコクーラーの車両が数両混ざっているのが特徴です。 特に、8号車、9号車にはキノコクーラーの車両が組み込まれることが多かったようです。
 使用列車
  ひばり  
  やまびこ 昭和48年10月改正から
  いなほ  
  はつかり
1d1
1d2



E サロ2両組み込みの13両編成
 所属 青森運転所
 1Dの編成のサロを2両にした編成です。
 使用列車
  白鳥  
1e1
1d2_1





2 昭和50年3月改正から昭和53年10月改正までの編成

A サロ組み込みの12両編成
 所属 仙台運転所
 1Aの編成からクロとサハを抜いて、クハとサロを組み込んだもので、上野方クハが300番台、仙台方のクハがボンネット、サロがAU13装備車とされているのが特徴です。
 使用列車
   ひばり  
   やまばとの3往復中2往復
   ひたちの8往復中3往復
2a1
2a2



B クロ組み込みの9両編成
 所属 仙台運転所
 1Bの編成と同一です。
 使用列車
  あいづ
  ひたち 8往復中の5往復
1a1_2
1b2_1



C クロ・サロ組み込みの13両編成
 所属 仙台運転所
 1Cの編成と同一です。
 使用列車
  ひばり
1c1_1
1a2_2



D サロ組み込みの12両編成
 所属 青森運転所
 1Dの編成と同一ですが、クハを200番台から300番台に変更した編成があわられました
 使用列車
  ひばり
  やまびこ
  やまばと 3往復中の1往復
  いなほ
  はつかり
2d1
2d2



E サロ組み込みの13両編成
 所属 青森運転所
 1Eの編成と同一ですが、クハを200番台から300番台に変更した編成があわられました
 使用列車
  白鳥
2e1
2d2_1



F サロ組み込みの12両編成
 所属 秋田運転区
 つばさ用の1000番台で組成された12連です。全車AU13ないし72、モハ484に乗務員室あり、サロが6号車に連結されているのが特徴でした。
 使用列車
  つばさ
2f1
2f2
写真の車両は、クハは300番台、モハ484は600番台で代用しています。サロは乗務員窓上に方向幕がつく1000番台ですが、AU13装備車で代用しています。



3 昭和53年10月改正以降の編成

A サロ組み込みの12両編成
 所属 仙台運転所
 2Aの編成のサロが2号車から6号車に変更されました
 青森や秋田の編成と比べると、仙台方クハがボンネット、中間車はキノコクーラー主体、という特徴がありました。
 使用列車
 ひばり
 ひたち
3a1
2a2_1



B クロ組み込みの9両編成
 所属 仙台運転所
 1Bの編成から食堂車を抜き、サハ481の100番台を組み込んだ編成です。
 使用列車
  あいづ
  ひたち
3b1
3b2
写真のサハは、0番台を代用しています。実車はAU13装備車で、モハ484600番台のように、乗務員室(車般準備室)があります。



D サロ組み込みの12両編成
 所属 青森運転所
 2Dの編成のサロが2号車から6号車に変更されました
 仙台や秋田の編成と比べると、クハが前後ともに300番台または200番台、中間車はAU13装備車主体、という特徴がありました。
 使用列車
  ひばり
  やまびこ
  いなほ 3往復中の1往復
  はつかり
  白鳥
3d1
2d2_2



F サロ組み込みの12両編成
 所属 秋田運転区
 つばさ用の1000番台で組成された12連です。全車AU13ないし72、モハ484に乗務員室あり、サロが6号車に連結されているのが特徴でした。
 使用列車
  つばさ
  いなほ 3往復中の2往復
  やまばと
2f1
2f2
写真の車両は、クハは300番台、モハ484は600番台で代用しています。サロは乗務員窓上に方向幕がつく1000番台ですが、AU13装備車で代用しています。


終わり

|

« MADE IN CHINA | トップページ | 車掌さんが笛を吹く列車 »

500 実車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15284097

この記事へのトラックバック一覧です: 485系の編成10 模型で再現:

« MADE IN CHINA | トップページ | 車掌さんが笛を吹く列車 »