« 遮光カーテン | トップページ | 181系特急形気動車 »

カンタムサウンドシステム

音の出るD51。
DCCを使えば簡単にできることのようですが、カンタムサウンドシステムは、これまでのパワーパックがそのまま使えます。

従来のパワーパックでの運転は、以前ご紹介しましたが、その後専用のコントローラーを手に入れまして、思いのままに音が出せるようになりました。

Dsc07831
赤いコードをパワーパックに、黒いコードを線路につなぎます。
コントローラーのスイッチには英語の説明がついています。

Dsc07832
天賞堂で発売するにあたって、日本語のテンプレートが付きました。

主として使用するスイッチは、赤い汽笛ボタン、青いATSボタン、黄色のブレーキボタンとブレーキ解除ボタン。

それから、ライトの点灯・消灯・減光
テンダーライトの点灯・消灯
ブロワー音、フランジ音、連結音ボタンなどがあります。


Dsc07833
Dsc07834
機関車の方は、ようやくユーザー取り付けパーツを付けました。
Nではナンバーの関係で実現していない1号機。
テンダーに大型の重油タンクを載せた姿は、青森運転所時代です。


操作と走行シーンをビデオにとって見ました。
最初に赤いボタンを押して汽笛を鳴らし、一番下の黄色いボタン=ブレーキ解除ボタンを押して、発進させます。
また、走行中にATSが鳴動し、ブレーキがかかって停止します。

ボリュームを回してのコントロールではなく、タイミングを見計らってボタンを押すことによりコントロールします。
慣れないと、オーバーランや再加速の連続となります。
アップで撮りながら、機関車を操作するのはなかなか難しいです。
重いだけのビデオで申し訳ありません。


今後のカンタムサウンドシステムは、DD51、D51標準と続き、・・・・本日EF58の発売が発表されました。
楽しみになってきたシステムです。

|

« 遮光カーテン | トップページ | 181系特急形気動車 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

サウンド良いですね。
鉄道模型はギミックの充実が発展すれば市民権を得やすくなると思います。
今までのサウンドは高すぎたので期待できますね。

次のDD51はE231GERRNさんの範疇ではないかもしれないですが、期待してます。

投稿: odakyufan | 2007年6月13日 (水) 午後 09時54分

こんばんわ。

音が出ると本物に近づきますね。
値段も手ごろですし。

あとは、煙と蒸気でしょうか。
昔から油を熱する方法はあるようですが、テカテカになっちゃうみたいですね。ドライアイスに水を加えて表現できないものでしょうか?

DD51も楽しみです。特に停車中のアイドリング音は風情がありそうです。

投稿: e231green | 2007年6月14日 (木) 午後 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15386638

この記事へのトラックバック一覧です: カンタムサウンドシステム:

» テンダーライト といえば [cacchao.net]
こんなものもありますよ。ぜひお越しください! [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 午前 12時17分

« 遮光カーテン | トップページ | 181系特急形気動車 »