« 181系特急形気動車2 | トップページ | やまなみ・せせらぎ »

父はうざくてあたりまえ

横峯パパが民主党から比例代表に立候補するんですね。

今週号の週刊誌にその見識が披露されています。

「勉強だけが人生じゃないことをウチのさくらが証明しました。

いろいろな才能を認め、子供の可能性を摘み取らない教育や学校の必要性を訴えていきたい。

それに家庭のあり方についても発言していきたい。

さくらが私を”ウザいウザい”というもんだから、”ウザい父親”というのが私の代名詞になりました。

でも、子供にとって父親がウザいのは当たり前。

子供の将来のために父親が厳しく子供に接する。

そんな当たり前のことが最近の社会から失われているのが気になって仕方ありません。」

(週間ポスト6月27日号13ページより引用)。

 

良いこといいますね。

父親が煙たがられるくらいにならないと、良い子は育たない。

本当にそのとおりだと思いますよ。

そして、ウザい父親と言われても、その聞こえの悪さはものともせず、父親がウザくあるべきことを論ずる。

うわべの心地良さばかりを大切にする風潮のなかで、しっかり本質を捉えてます。

 

キャディさんやってたときは、過干渉のオヤジかと思ってましたが、考えるところがあったのでしょう。


是非当選して、その見識を広めて欲しいと思いました。


|

« 181系特急形気動車2 | トップページ | やまなみ・せせらぎ »

610 浅慮空言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15443192

この記事へのトラックバック一覧です: 父はうざくてあたりまえ:

« 181系特急形気動車2 | トップページ | やまなみ・せせらぎ »