« EF56 東北タイプ | トップページ | 再生産されたEF81で試してみる3 »

再生産されたEF81で試してみる2

車体がわずかに短くて、動力ユニットが完全におさまらなかった原因は、窓ガラスと屋根を留めるための突起であることが判明しました。

これらを外すとぴったりおさまってくれました。
Dsc07920


赤丸で囲んだ部分が屋根を留める突起です。
Dsc07921


屋根も流用しようと思ってましたが、そもそも長さが違いました。
Dsc07922


前面窓のHゴムは、新製品が窓パーツに表現しているのに対し、旧製品は車体に表現しています。
新製品の窓ガラスを旧製品に流用するには、車体のHゴムを削らねばなりません。
はたして、見苦しくなく取り付けられるか・・・・・・

続く

|

« EF56 東北タイプ | トップページ | 再生産されたEF81で試してみる3 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15578470

この記事へのトラックバック一覧です: 再生産されたEF81で試してみる2:

« EF56 東北タイプ | トップページ | 再生産されたEF81で試してみる3 »