« 181系特急形気動車 | トップページ | 父はうざくてあたりまえ »

181系特急形気動車2

今日も台車の交換と室内灯の取り付けです。

TOMIXの製品は、分解も組立もスムーズみたいなことを昨日書きましたが、一点例外がありました。

室内灯の集電板と床板から出ている集電板の接触。

室内灯パーツを車体に組み込んで、車体と床板を組み合わせても集電板どうしが微妙に離れていて通電不良を起こします。

床板側の集電板を弓なりに曲げて必ず接触するように調整しました。
曲げ方にコツが必要です。室内灯の集電板は垂直に、車体側は写真の様に曲げます。
Dsc07851


続いて号車札を貼り付けますが、その前に編成の下調べ。(クリックすると拡大されます。)
Photo_10
クハ481の200番台や300番台と並べておかしくないのは、一番下のキロが3号車の編成。

|

« 181系特急形気動車 | トップページ | 父はうざくてあたりまえ »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15435786

この記事へのトラックバック一覧です: 181系特急形気動車2:

« 181系特急形気動車 | トップページ | 父はうざくてあたりまえ »