« ひさびさの整体 | トップページ | 再生産されたEF81で試してみる6 »

低窓量産冷房車

再生産されたEF81で試している件は、窓ガラスのはめ込み作業が今日終わったところで、代わり映えがしません。

ところで、KATOさんから103系の低窓量産冷房車が出るようですね。

東海道緩行線と大阪環状線用の編成らしいですが、関東でも一時期低窓量産冷房車は配属されていました。

山手線と中央線だったと思います。

京浜東北線には入りませんでした。

山手線では、昭和48年ころ走っていた記憶がありますが、翌49年からATC準備車が配属されることになり、低窓車は転属していったと思います。

中央線もこのころ、低窓量産冷房車のクハ103が走っていたと思います。


私としては、量産冷房車とはいえ、低窓のクハ103が製品化されることが驚きです。

このまま非冷房103系の製品化へと突き進んでくれるとうれしいですね。

|

« ひさびさの整体 | トップページ | 再生産されたEF81で試してみる6 »

600 日常のできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15662869

この記事へのトラックバック一覧です: 低窓量産冷房車:

» 菊次郎とさき [菊次郎とさき]
菊次郎とさきは、ビートたけしの小説が原作になっていて、2000年からテレビで放送された、超ベストロングセラーな物語。日本の風景を昔ながらにおもしろおかしく作ってあります、今回は豪華キャストにも注目 [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 午後 11時44分

« ひさびさの整体 | トップページ | 再生産されたEF81で試してみる6 »