« 再生産されたEF81で試してみる9 | トップページ | 7008-5 DD51 842 »

再生産されたEF81で試してみる10

前面窓の処理が終わりましたので、完成に向けてラストスパートです。

運転室の側窓は形を整えて接着です。
Dsc07963
Dsc07964


旧製品と現行製品では、屋根板の長さが違いました。そこで、屋根板は旧製品のものを使い、屋上機器のみ現行製品のものを流用することにしました。
高圧機器カバーは、旧製品と現行製品で若干大きさが違います。
現行製品をそのまま取り付けると旧製品の取付穴をカバーしきれません。
Dsc07965
Dsc07966


光硬化パテで、高圧機器カバーの取付穴を埋めます
あわせてパンタグラフの取り付け足用の穴も埋めます。
その後、つや消し黒を吹き付けました。
Dsc07968
Dsc07969


現行製品のヘッドライトレンズは、突起をけずり、車体のヘッドライト部分を1.1mmのドリルでさらいますと、そのまま使用できました。
Dsc07967

テールライトレンズは、テールライトのモールドされている位置が微妙に違うようで、現行製品のパーツはとりつけられませんでした。
0,8mmのドリルで穴を開け、銀河パーツで対応します。
・・・・アップにすると、Hゴムの痕が・・・・(大汗)
Dsc07970


屋上機器は、定番のジャーマングレーです。
薄めたフラットホワイトで、ガイシを塗ります。ジャーマングレーが若干溶けて、汚れた感じになります。
Dsc07971


テールライトレンズ(銀河N-065)を取り付けて上回りは完成です。
Dsc07972


Dsc07974
Dsc07975
カプラーは一方がダミー、他方がKATOカプラーです。
ようやく完成しました。
窓周りは、やはり、雑さが目立つ結果となってしまいました。

まあ、50cmはなれれば判らないので、気にしないことにします。


終わり

|

« 再生産されたEF81で試してみる9 | トップページ | 7008-5 DD51 842 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

カトー、トミックスその他メーカー製品はリニューアルの度にディテールアップされよりリアルなものに更新されています。しかしながら、既に入手した製品にも愛着(入手した時の感動も)があり、あなたのように、オリジナル・リニューアル工事を施すことにより、メーカーの最新製品にも負けない素晴らしいものになるということに気付かせていただきました。今後も加工報告記事楽しませていただきます。ありがとうございました。

投稿: 東濃鉄道 | 2009年10月10日 (土) 午後 07時22分

東濃鉄道様、はじめまして。

 EF81300の実車が田端にいたときに見た、ゆうづるのヘッドマークを掲げた姿。これを模型でもと思ってリニューアルしてみました。
 といっても、新製品がJR仕様だったのが一番の理由ですが・・・・。
 技術不足でいまいちの出来ですが、さらに愛着のある車輌となりました。
 今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: e231green | 2009年10月12日 (月) 午前 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15681916

この記事へのトラックバック一覧です: 再生産されたEF81で試してみる10:

« 再生産されたEF81で試してみる9 | トップページ | 7008-5 DD51 842 »