« 低窓量産冷房車 | トップページ | 103系ATC車中央線色 »

再生産されたEF81で試してみる6

旧製品の窓開口部への窓ガラスはめこみがおわりました。

今度は、隙間を埋める作業です。

Dsc07946
タミヤの光硬化パテを使ってみようと思います。
とはいえ、これを使うのははじめて。
どんな具合なのか、試してみることにします。

Dsc07947
チューブから出しましたところ、セメダイン速乾Gみたいな色をしています。
しかし、粘度はなくほとんど液状でした。
これを爪楊枝の先にとって、EF81のナンバーパーツを埋め込む溝に盛ってみました。
パテの量が多すぎて、あふれ出してしまいました。

Dsc07950
光をあてるまえに爪楊枝で余分なパテを取ってから蛍光灯をあてました。

本当にあっという間に固まってしまいます。
しかし、そのあいだに爪楊枝の先で細工をすることは可能でした。

また、ある程度固まったところで、ティシュで拭くと、はみ出した部分のパテが簡単にとれました。
ただ、若干塗装も侵すようですので注意が必要です。


爪楊枝にとる分量を間違えなければ、窓ガラスと車体の間の1mm弱の隙間を埋めるのは簡単そうです。

続く

|

« 低窓量産冷房車 | トップページ | 103系ATC車中央線色 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/15675104

この記事へのトラックバック一覧です: 再生産されたEF81で試してみる6:

« 低窓量産冷房車 | トップページ | 103系ATC車中央線色 »