« 路盤工事 | トップページ | 路盤工事完了 »

私鉄の顔

Dsc08143
新発売となった京阪8000系ダブルデッカーです。

今頃行っても、とっくに売り切れてるだろうと思っていたのですが、残ってました。

これは買っておけという天の思し召しと解釈して、ありがたく購入させていただきました。


製品に目を向けると、ダブルデッカー車に描かれたイラストは見事ですね。

関東の私鉄でこういうことをやるところはなさそうです。

先頭車もほとんど切妻でありながら、特急らしい顔立ちをしています。

ステンレス車全盛の現代で、伝統的な塗装も好印象。

京阪というとこの電車が思い浮かびます。


というか、京阪電鉄自体、実はよく知らないんです。

そもそも関東在住の私にとって、関西の私鉄は絵本の中の世界。

それでも、阪神と阪急と近鉄と南海は、野球チームがありましたから、
そういう電車があるんだということは子供のころから知ってました。

しかし、京阪となると知るきっかけもなく、多分、大学のときに京阪沿線の人がいて、
それで京阪電車というのがあることは知ったのだと思います。

だから、最近の車両が思い浮かんでくるんですね。


ところが、昔から知っている阪急の電車といえば、2800系2扉。

昔のTMSに同系のキットの製作記事がのって、子供ながらにかっこいい電車だと思いました。

それ以来、阪急といえば2800系が思い浮かびます。


そういう意味で、各私鉄には、会社の顔みたいな電車があると思うんです。

普段利用するかどうかとか、その人の年齢によって、思い浮かべる私鉄の顔は人それぞれになるのでしょうが、

私の場合はこんな感じです。

東武ならDRC

西武なら初代レッドアロー5000系

小田急なら、LSEかNSE

京成は、初代スカイライナー

京王なら、5000系

東急なら、青ガエルの5000系

京急は、1000系でしょうか。

名鉄は7000でしたっけ?
今度リニューアル生産されるあれです。


皆さんの場合はどの電車を連想されますか。


|

« 路盤工事 | トップページ | 路盤工事完了 »

610 浅慮空言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/16103804

この記事へのトラックバック一覧です: 私鉄の顔:

« 路盤工事 | トップページ | 路盤工事完了 »