« 実物をNゲージサイズで見る | トップページ | 115系をいじる2 »

115系をいじる1

クハ115-610を完成させる件ですが、思っていたよりも大変で、軽工作の域を超えてしまいます。

これはいずれ手をつけるとして、ほとんど買ったときのままの115系をいじってみようと思います。

Dsc08111
実車の写真とKATOのクハ115-1000です。
実車は300番台ですが、窓割りと床下以外はほぼ同じと言ってよいでしょう。

写真は平成元年ころのもののはずなのですが、ヘッドライトを点灯しています(公式に点灯が原則となったのは平成3年から)。
また、サボが使用され、方向幕の部分は鉄板で覆われている時代です。

さて、模型と実車を比べてみると、

 模型ではサッシが強調されすぎている。
  Hゴム部分の銀はもちろん修正せねばなりません。
  客室窓も実車では一番上のサッシは目立たないですね。

 タイフォンの輪郭とベンチレータの開口部はよく目立つ。
  タイフォンは墨入れ。
  ベンチレータについては、本体をすこし明るいグレーで塗って開口部を目立たせればよいでしょうか。

 前面の行先表示と列車番号枠は欠かせない。
  行先表示のHゴムは良いアクセントになります。
  列車番号枠は、小さく切り出したプラペーパー一枚貼るだけで、雰囲気がよくなりそうです。

 渡り板の汚れ?
  貫通扉部分のわたり板ははねあげられ、こすれあう部分の塗装がはげてます。
  かなり目立ちますが、これを表現すべきかどうか。さりげなく薄く溶いた黒を塗りましょうか。

 意外と気にならない屋根と屋上機器の色の違い
  真上から見れば、色の違いは歴然ですが、この角度から見ると屋根は肩の部分しか見えません。
  肩の部分については、ほとんど屋上機器と同じ色に見えます。

これらの修正項目について、のんびり軽工作してみようと思います。


続きはこちら

|

« 実物をNゲージサイズで見る | トップページ | 115系をいじる2 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/16000446

この記事へのトラックバック一覧です: 115系をいじる1:

« 実物をNゲージサイズで見る | トップページ | 115系をいじる2 »