« スターターセットの客車に室内灯をつける | トップページ | Gゲージの保管場所 »

個人輸入をしてみました2

Dsc08666_2
9月18日に注文した商品がようやく到着しました。

注文した中に、1つだけ入荷しないアイテムがあったために、ずっと留め置きになってました。

メールを送って、揃った分だけ先に送ってもらいました。

今回は、自分のクレジットカードで、自宅に直接送ってもらう、正真正銘の個人輸入です。

お店のサイトにDHLの伝票番号が載るので、DHLのサイトで追跡したところ、


日本時間の10月10日午前3時ころ、お店から出荷されて、

同日の午後5時ころ、成田行きの飛行機に乗せられ、

11日の午前10時ころ、成田で下ろされて通関手続き、

12日の朝に、佐川急便に引き渡されて、

そして、午後4時30分ころ、自宅に到着。

正味、2日半でニューヨーク州から到着しました。


Dsc08667_2


お手製ですが、緩衝材がきっちり入っていて安心できます。

箱自体の大きさは30センチ×30センチ×10センチくらい。

Dsc08668
今回届いたのは、サウンドユニットのディーゼル用。

RhB客車の台車枠

Gゲージの大きさのベンチ

前回もサウンドユニットは購入しているので比較してみると、

前回は24,000円弱でしたが、今回は、22,200円くらいです。

ユニット自体の値段が、今回の方が15ドルほど安いので、

直接個人輸入するか、買物代行をお願いするかで、値段の差はあまりないことになりました。


台車枠は、昨年オークションで落としたRhBの客車のカプラー取り付け部分が壊れていたため、その補修用です。

いい具合に週末につきました。

土日で、整備をしたいと思います。

|

« スターターセットの客車に室内灯をつける | トップページ | Gゲージの保管場所 »

600 日常のできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/16738669

この記事へのトラックバック一覧です: 個人輸入をしてみました2:

« スターターセットの客車に室内灯をつける | トップページ | Gゲージの保管場所 »