« こんなの見つけちゃいました | トップページ | 戦前の客車のレタリングは? »

オハ31系ぶどう色1号仕様

 昨日思い立ったのは、オハ31系の塗装変更でした。

Dsc08963
 オハ31系は、1991年ころ買ったオハニ-オロ-オハと最近購入したオハニ-オハ-オハの計6両を持っていました。
 しかしながら、KATO製品は時代考証が独特で、真相が判ってしまうと気になってしまいます。
 それでいつかはぶどう色1号で塗ってやろうと思っていたわけです。


 まずは、車体の分解からです。
 以前は、貫通路から時計用ドライバーを差し込んで、強引に屋根を押し上げて外していましたが、最近、ぞうきんを絞る様に車体をねじると、屋根が外れることを知りました。早速試してみます。
Dsc08964
Dsc08965
 上の写真は、正に雑巾を絞るようにひねってますが、これでは外れません。
 車体内部のつめの部分を握ってるわけで、これではつめが外れないですね。
 下の写真の様にデッキの部分に力がかかるようにひねると、外れやすくなりました。

 ただ、1991年に買った3両はつめが固くて、屋根が少し浮いたところで、ドライバーで押し上げる必要がありました。

Dsc08966
 オハニ30は、赤帯が途中で途切れますので、塗装の前に写真を撮っておきます。


Dsc08967
 両面テープで車体を固定して、塗装の準備が整いました。

 と思ったら、幌がついたままですね。
 取り外そうとしましたら、接着されてました。
 これを綺麗に外そうとしたら、相当の時間を要しそうです。
 机の中に、いつ使うかあてのないスペアの幌のストックがありましたので、製品の幌はラジオペンチで取り去ってしまいました。


Dsc08968
 まずは、屋根にNATOブラックを吹きました。
 本当は、雨の日に吹いてやると、思いっきりつやが消えてよいのですが、今日は正に塗装日和。
 かなり、つやが出てしまいました。


Dsc08969
 車体にはねずみ色1号を吹きます。
 特に赤帯用の赤は発色が悪いですから、下地塗りは必須です。

Dsc08970
 次は赤です。クレオスの108番、半光沢のキャラクターレッドというのを吹いてみました。


 帯色の赤が吹けた段階で、次はマスキング用の帯を切り出します。
Dsc08971
 以前ご紹介した、2本のステンレススケールの間にプラ板を挟む方法です。

Dsc08972
 帯の巾は1mmでよいでしょう。

Dsc08973
 1mm厚のプラ板が手元に無かったので、0.5mm2枚で代用することにします。

Dsc08974
 1mm巾のマスキングテープができました。

Dsc08975
 慎重に貼り付けます。
 それでも、車体のリベットがあるので、若干浮いてしまっています。
 赤をもう一度吹いても、浮いた部分が塞がることはなさそうです。
 塗料がマスキングテープの下に回らないよう、慎重に吹くしかないでしょう。

Dsc08976
 試しに吹いてみたところ、かなり霧が細かいです。
 これなら、マスキングテープの下に回りこむことを抑えられそうです。
 回りこみ防止のため、1回に吹き付ける量を少なくします。
 また、雨どい側から車体のすそに向かって吹き付けます。

Dsc08977
 5回に分けて塗って、赤が見えなくなりました。

Dsc08980
 塗り残しがないか、確認します。窓枠の上側がやや赤っぽいですが、これを塗ろうとすれば、マスキングテープの下に塗料が回ってしまうでしょう。安全策をとって、目をつむることにしました。

Dsc08981
 いよいよマスキングテープをはがします。
 回りこみは避けられたようです。


Dsc08982_2
 3両とも、無事、帯を表現することができました。
 ただ、ぶどう色1号は、光沢がきいてますね。
 超特急つばめ号の客車なら、ピカピカでも良いかもしれませんですが、オハ31系はちょっと困ります。

 汚れの第一歩は光沢が消えること、というのが私の持論ですので、レタリング後につや消しトップコートを吹くことにします。

 完全に乾燥するまで待って、次はレタリングです。
 その様子は、また後日です。


続く

|

« こんなの見つけちゃいました | トップページ | 戦前の客車のレタリングは? »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/17270648

この記事へのトラックバック一覧です: オハ31系ぶどう色1号仕様:

« こんなの見つけちゃいました | トップページ | 戦前の客車のレタリングは? »