« ラッセル車出動 3 | トップページ | 麦畑を作る 3 »

E231系15連の1M化

4日ぶりの更新です。特に体調を崩したわけではないのですが、夜になると恐ろしく眠くなり、気力を失っておりました。来ていただいた皆様には申し訳ありませんでした。

さて、KATOのE231系近郊形は、これまで3タイプ発売されていますね。
Dsc09281


10-471 E231系近郊形8両基本セット
10-472 2両増結セット
10-473 5両セット

10-231 E231系東海道仕様8両基本セット
10-232 2両増結セット
10-233 5両セット

10-520 E231系東海道仕様(湘南新宿ライン)8両基本セット
10-521 2両増結セット
10-522 5両セット

10-471~473の各セットは、小山に配属された当初モノクラス、側面にスピーカー準備のない編成

10-231~233および10-520~522の各セットは、国府津に配属された当初からグリーン車を組込んだ編成です。

いずれの5両セットもモハE231がM付で、15連では2M仕様となります。
しかも、M車が3号車と13号車となるため、よほどモーターの同調が良くないと、走りがギクシャクしてしまいます。
勾配のないところで走らせる場合には15連1Mで十分。
そこで、5両セットのモハE231をトレーラー化することにしました。

トレーラー化するといっても、アッセイパーツを買ってきて組込むだけの話ですが、実はいろいろな問題があったのでした。

まず、5両付属編成のモハE231は、どのタイプもロングシートです。

したがって、ロングシートの床板パーツを用意する必要がありますが、東海道編成では、モハE231は3号車と9号車で、9号車はセミクロスシートとなっています。
9号車のアッセイパーツも当然セミクロス仕様であり、室内を気にするならこれをそのまま付属編成のモハE231に使うわけにはいきません。

この点、小山編成では、モハE231は3号車と8号車であり、8号車はロングシートです。したがって、8号車用のアッセイ床板パーツを手に入れることができれば、問題は解決するわけです。

Dsc09283
4473-ACと4473のAD
これが8号車用のアッセイパーツで、ずいぶん前に1組だけ手にいれていました。

これは、10-473のモハE231にとりつけました。


さて、次は10-233のモハE231の電装解除です。
4473-ACはもうないので、何か他のパーツはないかと探しておりましたら、山手線用の4473-3Cが目に止まりました。
Dsc09284
ロングシートで床下機器の配置も近郊形と同じ。これはいけると思い買ってきました。
但し、台車はモハ208-500用の4638-2Dです(理由はあとで明らかになります)。


早速組込もうとしたところ、椅子パーツの一部が干渉して使えないことが判明。
Dsc09282_2
手前が山手線用。どこが違うか発見できましたか。右側車端の椅子パーツの欠き取り具合が違います。

10-231~233の各セットは、台車がビス止めのタイプであるのに対し、山手線はスナップタイプです。
それに伴い、床板に椅子パーツを取り付ける方法も変わったようで、椅子パーツの形が違い、窓ガラスと干渉するのです。

仕方がないので、これは10-522の5両セットにまわしました。
こちらは、スナップタイプの台車なので、干渉することなくセットすることが出来ました。
ただしカプラーの色が淡いグレーなので、気になる方は動力ユニットのカプラーと交換する必要があります。


さて、10-522に組込もうと買ってきたのは4473-3Cの床板セットと4473-3Dの台車。
いずれも山手線用です。

だがしかし、山手線用の台車は近郊形用の台車に比べてグレーが明るい。
Dsc09286
色の違いは非常に目立ちます。モハ208-500用を使うのはこのためです。
前に買ったときは、このことに気づいてモハ208用をかったのですが、今回はすっかり忘れていて山手線用を買ってしまいました。


以上のごとく、10-233の5両セットはトレーラー化できませんでした。
もう、ビス止めの床板セットは売っていないでしょうね。
また、別の方法を考えるとしましょう。

|

« ラッセル車出動 3 | トップページ | 麦畑を作る 3 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/40114031

この記事へのトラックバック一覧です: E231系15連の1M化:

« ラッセル車出動 3 | トップページ | 麦畑を作る 3 »