« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

国鉄ED76後期型

TOMIXからED76が発売となりました。

Dsc09510
国鉄仕様の品番2172を購入して来ました。


TOMIXでは、最終仕様の1015~を製品化していますが、
今回の製品は、1973年に製造された65~86号機および1976年製造の87~94号機をプロトタイプとしており、TOMIXでは後期型と称して製品化しています。

後期型の特徴は、パンタグラフが下枠交差式のPS102になったこと。
TOMIXでは、新規にPS102を製作したそうです。
ちなみにマイクロエースの20号機はPS101をつけた初期形です。

なお、後期型は製造年により2タイプに分かれますが、1973年製造の86号機までは切り抜きナンバー、87号機以降は、プレート式のナンバーとなっています。


Dsc09511
最近のTOMIX製機関車同様、繊細な出来栄えです。赤2号の塗装も落ち着いています。
また、まだ取り付けていませんが、正面手すりがユーザー取り付けパーツとなっています。


Dsc09515
ちょっと気になったのが、屋上の高圧線。
ぐにゃぐにゃだった旧製品からは改善されてますが、まだ、円を描いているようなところが若干あります。


Dsc09513
製品に付属するナンバーは、62,68,73,85の4種類で、全て1973年製のものとなっていました。
これらのカマは、大分運転所に配属され、富士の門司-宮崎間を牽引したようです。

Dsc09512
また、この製品にはヘッドマークが付いています。
はやぶさ、あさかぜ、さくら、富士の4種類。
九州のヘッドマークは、表面が球状なのが特徴ですが、付属のヘッドマークも球状になっています。

ところで、さくらは緑地に桜色のものであり、富士は山の形をしたものが付属していますが、
これらは、昭和60年3月改正で採用されたもののようです。

それ以前、さくらは白地に桜色のものでしたし、富士も円形のヘッドマークでした。
個人的には、こちらの方が良かったのですが、贅沢はいえませんね。

Dsc09514
最後にTOMIX旧製品、マイクロ製品と並べてみました。
こうしてみると、赤2号の色調の違いとか、モールドの繊細さの違いなどが判ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

はくたかの補修4

先日送ってもらった集電板を交換しました。
はくたか用T車10両
キハ56系T車 7両
東北特急系T車 7両
合計 24両、96個

結構な時間を要しましたが、どの編成も快調に走り出しました。

これもTOMIXさんのアフターケアのおかげです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の景色

水曜、金曜と所要で外出することになり、春の景色に接しました。

一つ目は行田市(旧南河原村)の古い橋。
冬枯れ色だった川辺がだんだんに緑になってきました。

橋は昭和10年の築造。
装飾が施された石造りの橋です。
こういう橋をレイアウトの中に作りたい。


Dsc09477_2

Dsc09478_2


次は、浦和区内の玉蔵院の桜

Dsc09483_2

Dsc09484_2

桜をみると、心があらわれます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はくたかの補修3

この記事は、3月26日23時57分にアップしましたが、ken5さんから別欄コメント記載のご意見を賜りました。
その要旨は、パーツ料が無料になることが明らかになると、関係のない者までパーツの請求をするようになるから、修正すべきではないかというものです。

ご意見を検討させていただくため、一時アップを取りやめましたが、再考の結果、やはりアップさせていただくことにしました。

その理由の1は、シューの問題で困っておられる方が少なからずおられるであろうことです。
 コメントのつくことの少ない私のブログですが、この件についてはすぐにコメントがつき、皆さんも同じような悩みがあること、部品はいくらなのか知りたいことを述べられていました。コメントは、ときどきコメントしてくださる皆様からいただきましたが、その方たちだけが私と同じ悩みをかかえているとは思えません。

その理由の2は、不正を働く者がいそうなために、情報を必要とする人たちに、その情報が伝わらないという事態は間違っていると考えるからです。

その理由の3は、不正に部品請求をする者がTOMIXさんに迷惑をかけることとなったら、私としては甚だ遺憾ですが、必要でもない部品を請求する人がどれだけいるだろうかと考えると、そんなに多くないのではないか、世の中そんなに暇人ばかりではないと思うからです。

--------------------------------------------------------------------------------

今日、帰宅してみるとTOMIXと印刷された封筒が届いていました。

先日、メールでお願いしていた集電シューです。

月曜に、用意していただける旨のメールをいただいておりましたので、次に料金請求のメールが来て、それから送られてくるものと思ってましたが、いきなり到着。

中をみると、白い箱にシューがたくさん入っています。

注文した100個は間違いなくありそうです。


料金はいくらだろうと思って、送り状を見ますと、料金請求の文言がみあたりません。

これは、タダで送っていただいたということでしょうか。

明日、確認してみますが、無料で送ってくださったのだとしたら、
TOMIXさんは、なんと太っ腹なメーカーでしょう。

アフターケアが良いと、お客として非常に大切にされている気がしますね。

E233系京浜東北を買うかどうか迷っていましたが、これは買うしかありません。


なお、本題の走行性能の改善は、明日以降にご報告いたします。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヒガハス53

今日、しばらくぶりにヒガハスに行ってみたところ、線路の向こう側の屋敷林が伐採されてました。
Dsc09469

Dsc03902
上が今日の映像、下が2年前の映像。こんもりとした屋敷林がなくなっています。


ここに通い始めたころからあった屋敷林なので、なくなってしまったのはちょっとショック。

20年くらい前から、この辺に新駅ができるという話がありまして、いよいよその建設準備なのかもしれません。


時代の流れというやつですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はくたかの補修2

新集電シューは、単独では入手困難なんでしょうか。

確かに、テックステーションにはリストアップされてないですね。

今日は、祭日なので動きはありませんでしたが、明日以降、動きがありましたらお知らせいたします。

さて、シューが入るまでの間に、はくたかのタッチアップなどを行ないたいと思います。

まずは、モハ484の屋上機器から。

以前、KATOのモハネ582をタッチアップしたときは、シルバーの缶スプレーを吹いて、ガイシにフラットホワイトを筆塗りしましたが、向日町の485は北陸線に運用されるので、ガイシに塩害防止の緑色の塗料が塗られていたはずです。また、高圧線も銀ではなく、濃いグレーに変色しているのが普通。
ならば、今回はそのように塗ってみようかと実物の写真を探して見ました。

こちらに参考になる写真がありましたが、実物を見ますと、
   屋根は汚れて銀色ではなくなっている
  パンタ類も含めて濃いグレーにみえる
という状態。

 至近距離から見れば、また違った色が見えてくるでしょうが、実物から150m(模型で1m)の距離から見ますと、上記のような感じです。

屋上機器類を濃いグレーで塗るとなると、屋根は銀のままというわけにはいかないですね。

今回は、583系と同じように銀色で塗って、ガイシだけ緑に塗ることにしました。


Dsc09466
まずは、その準備作業。
屋上機器類を取り外して、台紙に両面テープで貼り付けたところ。

Dsc09467
取り付けのときに迷わないよう、取り外し前の写真を撮っておきましょう。

Dsc09468
銀色の缶スプレーを吹いて、青緑1号を筆塗りしました。

プラの地肌のままの屋上機器が銀色になると、違和感がなくなります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はくたかの補修

先日のこと、貸しレイアウトに485系はくたか(TOMIX製)を持って行こうと試運転しましたら、平坦線であるにもかかわらず動力車がスリップ。

2003年暮れに発売された初期形485系です。

このころに発売されたトレーラー車は、集電シューに問題があり、コロガリが悪いと聞いたことがあります。

Dsc09463
さっそくテストしてみますと、ご覧の勾配でも停止した状態。

ちなみに手前の200番台車は、もちろんこの勾配で動き出します。

Dsc09464

Dsc09465


台車を分解してみますと、集電シューの軸受け部分の大きさが微妙に違います。

1個,2個なら自分で修正しますが、はくたかだけでトレーラー10両。集電シュー40個ですので、これを均一に修正するなどと考えると気が遠くなります。

そこで、TOMIXのサービス通販から取寄せることにしました。

合計100個、25両分。キハ56系とか、クロ編成を購入した中に混じっていた旧製品とかありますので、大変な数になります。

こりゃ交換するだけでも大変だ!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おもちゃの博物館に行って来ました。

今日は息子の幼稚園が休みということで、鉄道博物館に行こうと休みをとっていたんですが、数日前、妻からその日は休館じゃないのというご指摘。

博物館とかは月曜休館だろうとホームページを見てみたら、奥様、ビンゴでした。

人が働いてるときによからぬ計画を立てると、こういうことになるということでしょうか。


それでは、ひさびさに常磐線へ乗り鉄に行こうという話しもありましたが、終業式前に疲れさせないようにとの配慮から、車でおもちゃの博物館に行くことになりました。

今、鉄道模型展をしてるんですね。
Dsc09425


ここでも、持ち込み車両の運転が出来るということで、埼京線と湘南新宿ラインを持ち込みましたが、子供は展示されている模型に目を奪われ、運転どころではありませんでした。
Dsc09437
Dsc09436
仕方なく、お父さんが細々と池袋駅のイメージで走らせておりました。


Dsc09459
子供の注目度ナンバーワンは、Gゲージくらいの大きさの107系。
鉄道模型展と関係があるのか、最近は常設されてるのか不明ですが、こういう大きいのに子供は弱いようです。

Dsc09431
私もこちらには興味津々。
Gゲージサイズのフィギュアです。
こんな製品があるのなら欲しいですね。

模型の運転は、早々に終了して、TOMIXの展示会場へ。

今回は、無料体験コーナーが充実してました。
そのひとつがきかんしゃトーマスシリーズ
Dsc09454
1200×900くらいのスペースをトーマスが走り回ります。
こどもには受けそう。
そのほかにも、新幹線を中心に全部で6,7箇所の体験コーナーがありました。

TOMIXの集合式レイアウトでは、コンテナヤードと祭りの風景に目がとまりました。
Dsc09439
これだけのスペースをつかってコンテナヤードを作ったら楽しいですね。

Dsc09443
祭りのモジュールは、フィギュアの配置が実感的です。

今回も駆け足で見て回った感じですが、いろいろ刺激を受けました。
特に、神社と祭りの風景はいいですね。

当初の目的とは違ってしまいましたが、充実した一日でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレレイアウト5

TOMYTECの情景コレクションシリーズから学生のフィギュアが発売されました。
いままでも学生のフィギュアは発売されてましたが、コストパフォーマンスとしてはあまり良くなかったので、情景コレクションからの発売は大歓迎です。
Dsc09424

さっそく購入して鉄コレレイアウトに登場させました。
使用したのは、冬服4パック。

設定は下校時。
下校時ですから、学生さんは全員駅に向かいます。

それから、友達同士でいっしょに帰りますから、下校の列は団子状。

朝ですと、駅で偶然出くわさない限り、一人ひとりが登校するので、1列縦隊となります。

Dsc09421

Dsc09423

Dsc09422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポポンデッタさんに行って来ました。

昨日ですが、ポポンデッタ川口さんに行って来ました。
家から車で1時間ほど、駐車場も広く、ストラクチャーも充実してますので、ときどきお邪魔しています。

まずは165系ゆけむり・草津
Dsc09409
完全に逆光ですね。おはずかしい。


Dsc09410
Dsc09412_2
先日整備の終了した「いいで・ざおう」
東北線を下っていく感じで撮れました。

Dsc09411
子供は高架線で新幹線を楽しんでいましたが、すぐに飽きてしまい、プラレールを見たり、商品を見たり。
まだひとところにじっとしているのは無理なようです。

予定もあったので、1時間で引き上げてきましたが、とても楽しいひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Good bye 銀河

ついに銀河という愛称が消えてしまいました。

現行の銀河については、多くの方々が書いておられますのでそちらに譲り、もっと昔の銀河の話をします。

私の場合、特急=固定編成客車、急行=旧型客車というイメージが強く、旧客の銀河が20系に置き換えられた時点で、急行銀河は走り去ってしまったという感じでした。1976年2月19日のことになります。

そのころは、夜行の旧客急行なんてどこにでも走っていたんですが、急行銀河は別格でした。

  オロネ10×1
  スハネ16×8
  オハネ12×1
  オハネフ12×2

と、ここまでは、寝台専用急行なら普通にある車種ですが、

銀河の場合は、

  スハ44×1
  スハフ43×1

が、連結されてました。回転クロスシート装備の44系客車です。

夜行急行多しといえども、44系が連結されているのは珍しかった。

急行さんべに連結されていたらしいですが、関東にやってくるのは銀河だけだったはず。


寝台車なんかに乗れない学生の身分で、ひざを付き合わせるボックスシートの43系ではなく、44系というところが、すごく贅沢に思えたものでした。

そんな銀河のイメージがこちらです。
Dsc09403
Dsc09406
牽引はEF58
ビニロックフィルター、正面Hゴムの東海道スタイルは、宮原か浜松のゴハチだったと思います。

スハフ+スハは東京寄に連結されてました。
その後に延々と寝台車が続きます。

下りは153系急行。オレンジ一色の前面が懐かしい。
115系や165系のグリーンが前にまわったお顔の電車ばかりみていた私には、洗練されたいでたちに見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

70’s東北線 3

今日は、夕暮れの尾久客車区をイメージしてみました。

出発線では、夜行列車が次々に据え付けられ、機関車が連結されていきます。
Dsc09399
宇都宮のゴナナ・ゴハチは共通運用なので、日によってゴナナだったりゴハチだったりします。
今日は、奥の津軽がゴハチ牽引で八甲田がゴナナ。

これから推進運転で上野まで回送されるところです。


Dsc09401
手前の20系はあけぼの。
食堂車は1975年3月まで連結されていました。新幹線博多開業のときです。

20系は、たった今、出発線に据え付けられたところで、あけぼののヘッドマークを掲げたPFが連結されようとしています。
そのとなりは、据え付けを終わって引き上げていく田端区のDD13。

このころは、一つ目のDD13がゴロゴロしてました。
Dsc09402
本線上を、115系の15連が下っていきます。

通勤列車がひと段落すると、夜行列車の出番。

30年前は、本当に夜行列車が元気でした。

・・・・それにしても殺風景なヤード。早く何とかしなくては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銚子電鉄セット

円が急騰してますが、鉄道模型関連では、中国元との関係が問題。

この関係でも円高なのでしょうか。


さて、今日は新発売となった鉄道コレクション銚子電鉄セット。

サッシの色差しや装飾的な塗装が非常にきれいです。

Dsc09397
Dsc09398


| | コメント (0) | トラックバック (0)

70’s東北線 2

東北線に限ったことではありませんが、70年代の貨物列車は、一部の専用列車を除き、ひとつとして同じ編成の列車がありませんでした。

どんな貨車が連結されているか、全く予測ができません。有蓋車、無蓋車、タンク車、冷蔵車。
連結順もまったくのアットランダム。
そして、発駅と着駅もまちまち。ただ、同じ方向に向かうという理由で、同じ列車に編成されているだけ。

だから、見ていて飽きませんでした。
また、ゆっくり走っているときは行先票の、例えば静岡発釧路行だとか、岡山発八戸行という記載が読み取れて、ますます興味をそそられました。

このころの貨物列車には、
 高速貨物列車 (コンテナ特急など)
 直行貨物列車
 快速貨物列車 (輸送量の多い2地域間を直行する列車で到着時刻が明確化されている)
 専用貨物列車 (タキ、ホキなどで組成された現在でも見られる列車)
 普通貨物列車
 解結貨物列車
という種類があって、発駅で解結貨物列車に連結された貨車は、操車場で普通貨物列車や直行貨物列車に連結されて目的地付近の操車場まで行き、そこでまた解結貨物列車に連結されて着駅まで運転されました。

Dsc09393
Dsc09392
写真は、操車場で出発時刻を待つ直行貨物列車のイメージ。
東北線では、EF65PFやEF81が牽引していたように記憶しています。
そして、列車の最後尾にはヨまたはワフが連結されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

70’s東北線 1

先日の115系の動力ユニットは、別のマイクロの動力車をコンバートして、解決しました。
やっぱり鉄道模型は走ってなんぼ。スムーズに動いてくれるとじつに気分が良いです。

気分が良いついでに、70年代前半の東北線を演出してみました。
Dsc09389
115系の下り普通列車の横をEF15牽引の自動車専用貨物が通過します。

70年代の東北線の駅は、ほとんどが上下線の間に中線を設けた構造で、対向式ホームのものはありませんでしたが・・・

それはさておき、115系は全車非冷房。
1963年に登場した115系は、徐々に80系電車や旧型客車による普通列車を置き換えていきました。
それでも、70年代には朝夕を中心に165系、長距離列車に旧型客車が使われていました。

写真の先頭車はクハ115-228.
0番台のラストナンバー。
このころの115系は変化に乏しく、面白みのない系列といわれてましたが、それでも小さな違いはありました。
クハ115-215~は、タイフォンがフタ付きのものとなり、運転室直後のベンチレーターは角形。そのまえに空気笛のカバーがあります。

Dsc09391_2


このEF15はスノープロウがついていますが、宇都宮のEF15にはついてませんでした。
高二のEF15に東北線運用はありませんでしたので、高二から貸し出しでもないかぎり、このような例はなかったと思います。

こうなると、宇都宮のEF15も欲しくなります。

宇都宮区のEF15は、その足の遅さから、特急のダイヤ設定の支障となり、早々にEF65PFに置き換えられました。

ク5000の登場は、1966年。
栃木県内のニッサンの工場から積出港まで輸送していたようです。
モデルではトヨタ車や栃木県内では生産されなかったと思われる日産車が載っていますが、固いことはいいっこなし。
自動車運送は、JRになってからも続けられましたが、そのころにはいわゆるトリコロールカラーに塗られてました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チューリップが芽吹きました。

このところ、最高気温が10度を超えるようになりました。
もうすぐ春ですね。

うちの庭にも春を感じさせる変化がありました。
Dsc09388
昨年花壇を作ったときに植えたチューリップが芽を出しました。

そのまわりのにんじんみたいな葉っぱはクロッカスです。
クロッカスは、年末の暖冬で気の早い球根が芽吹いてしまい、そのまま状態で冬を越しましたが、ようやく、仲間たちも出揃いました。

庭園鉄道とは名ばかりで、どうだんつつじの紅葉以外、彩りにかけていましたが、これから、はなみずきが咲き、どうだんつつじが花を付け、クロッカスやチューリップが春を演出してくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロ115系オーバーホール

マイクロ115系のオーバーホールをしました。

2001年ころの製品なので、走行がいまいちなのは判っていますが、あまりに渋いので、

まずは、ウオームの軸受けに注油。

一瞬、改善したもののすぐにもとの状態に。

いろいろ調べたところ、軸受部分が汚れて通電不良となってました。

軸受けを掃除して、快調に走り出したのもつかの間、また、低速でぐずりだしました。

Dsc09386
しかたがないので、台車を完全に分解。

Dsc09387
ふるくなったグリースをぬぐって、余分な脂分を取り、再度組立。

試運転したところ、数周してやはり不調になりました。

片方の台車の左右動が渋いです。

原因かどうかはっきりしませんが、

いずれにしても、こんなに調整して治らないのでは時間の無駄。

KATOかTOMIXの動力の利用を考えてみます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Alexさんに行って来ました。

レンタルレイアウトのAlexさんにお邪魔してきました。


ホームページを見て、前々から気になっていたのですが、今日、子供を連れて遊びに行って来ました。

お店の人は、皆、親切ですし、お客さんにもきさくに声をかけていただきました。

レイアウトは、1周20m近くあり、途中に駅がふたつ。

オプションでヤードも借りられます。

また、ストラクチャーが充実していて、無数のLEDで夜景が演出されます。

1時間で帰らねばならず、あまり突っ込んだことはうかがえませんでしたが、こういった感じのお店です。
Dsc09385

Dsc09381

Dsc09382

Dsc09384

電車ですと、高崎線深谷駅下車ですが、駅から相当離れているようです。

関越自動車道花園インターから10分程度ですので、車の方がよろしいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麦畑を作る 5

ワンセットでは物足りなかった麦畑。
もうひとつ作り、並べてみました。

その向こう側を列車がとおる風景。どれほどのものでしょうか。

見下ろす光景と水平に見る光景では、見下ろす方がそれらしいでしょうか。

ところで、麦はさらさらタイプの接着剤でプラボードに貼り付けましたが、3mm厚のボードがみごとに反ってしまいました。再考の要ありです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

C57 19

天賞堂のプラ製C571次型標準タイプ
Dsc09378
3年ほど前に発売になったもので、今でも稀に店頭で見かけることがあります。

ナンバーは、5,19,89,114,124が付属しますが、5号機以外は見たこともないカマですし、5号機といえども、山陰旅行の際に一度写真を撮ったことがあるだけ。

ナンバーを適当に選ぶのがためらわれて保留状態になってましたが、先日購入した96のナンバーを新津機関区のものにしたので、C57も新津の19号機にすることにしました。

Dsc09379
やはりナンバーを付けると引き締まります。
また、ボイラーの細さはHOならではでしょうか。
これに荷物車+郵便車+普通車4両くらいを牽かせると往時のローカル列車の雰囲気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麦畑を作る 4

半月ぶりに麦畑です。

前回までに地面の塗装を終えたので、今回はベースに貼り付けます。

Dsc09368
ベースは、プラボード3mm厚を使用。
最初は1mmのプラ板を使うつもりでしたが、そのままでも簡単に曲がってしまいますので、接着剤で麦を貼り付けていったら、ボードとして使えないのではないかと思い、プラボードとしました。

Dsc09369
ボードは、125mm×125mmに切り出してベースとします。
説明書では、80列ある麦穂を全部使っても、麦畑の面積は100mm×100mmだそうで、ベースもこの程度で十分だということになります。

Dsc09370
接着は、TAMIYAの流し込みタイプ。
接着剤が勝手に広がってくれるので、広範囲の接着には便利です。

Dsc09371
40列貼り付けた状況です。
流し込みの接着剤のおかげで、サクサクと作業が進みます。

Dsc09372
全部植えつけて横から見たところ。中心部はそれらしくなってますが、いかんせん、面積が足りません。

Dsc09373
しかし、上から見下ろすと、土の色が目立ちすぎます。
せっかく苦労して、レッドブラウンでぬりましたが、かえって不自然な気がします。

畑の真ん中になる部分は塗らないで、麦で地面が見えないような演出をした方がよかったと思います。


Dsc09376
地面の工作に入る前に仮置きしてみました。
結構、それらしく見えます。
ただ、麦畑の面積が小さくて、かなり接近しないと絵になりません。

Dsc09377
すこし、視点を上にずらして撮影。
やはり、もう1セット分拡張したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »